FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2014年8月の気になる新刊 
久しぶりの新刊紹介です。。。


8/2 扶桑社ロマンス
○カーラ・ケリー(Kelly, Carla)「オックスフォードは恋の季節(MISS GRIMSLEY'S OXFORD CAREER)」
△コニー・メイスン(Mason, Connie)「悪魔の騎士に魅入られて(A TOUCH SO WICKED)」
Thornton's #3

8/8 ライムブックス
△マデリン・ハンター(Hunter, Madeline)「愛に降伏の口づけを(THE SURRENDER OF MISS FAIRBOURNE)」
The Fairbourne Quartet #1
2012 RT's-Reviewers' Choice Award finalists Historical Romance of the Year

8/9 マグノリアロマンス
△ローズマリー・ロジャーズ(Rogers, Rosemary)「嵐のような愛に拘束されて(BOUND BY LOVE)」
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Nominees REGENCY-SET HISTORICAL ROMANCE
○レシア・コーンウォール(Cornwall, Lecia)「放蕩公爵と嘘つきな花嫁(HOW TO DECEIVE A DUKE)」

8/9 ラズベリーブックス
△リリー・ダルトン(Dalton, Lily)「雨の夜のキスはふたりの秘密(NEVER ENTICE AN EARL)」
One Scandalous Season #2
△キャスリン・ラロック「麗しの子爵ときまじめな令嬢」

8/15 MIRA文庫
◎ローリー・フォスター、ジャネール・デニソン、ヴィクトリア・ダール「彼女たちの可憐な恋愛白書 」
○キャンディス・キャンプ(Camp, Candace)「壁の花へのプロポーズ」

8/20 villagebooks
◎アンドレア・ペンローズ(Penrose, Andrea)「(邦題未定)(SWEET REVENGE)」
A Lady Arianna Hadley Mystery #1
○ジェーン・ケイシー(Casey, Jane)「(邦題未定)(THE BURNING)」
Maeve Kerrigan #1
→◎アマンダ・クイック(Quick, Amanda)「金色の目の堕天使」1作のようです~

8/20 二見ミステリ文庫
△キャサリン・コールター(Coulter, Catherine)「略奪(THE FINAL CUT)」
Brit in the FBI #1
△リンゼイ・サンズ(Sands, Lynsay)「心ときめくたびに(THE HUSBAND HUNT)」
The Madison Sisters #3

8/21 ベルベット文庫
○マリー・フォース(Force, Marie)「女刑事サム・ホランド 運命の情事(FATAL AFFAIR)」
Fatal #1

8/下旬 扶桑社ロマンス
◎ナリーニ・シン(Singh, Nalini)「(邦題未定)(PLAY OF PASSION)」
The PSY-CHANGELING Series #9
RT BOOK REVIEWS 2010 Reviewers' Choice Award Winner Shapeshifter Romance
△サンドラ・ヒル(Hill, Sandra)「(邦題未定)(THE LAST VIKING)」
Viking II #1
1998 RT's-Reviewers' Choice Award finalists CONTEMPORARY REINCARNATION / TIME-TRAVEL ROMANCE


気になるのは、villagebooksのアンドレ・ペンローズ!!
原書のカバーが、いかにもなロマンスじゃなく、興味深いわ~
ナリーニ・シンは前作もまだ未読。。。(^_^.)
ぜんぜん読書量が追いついていないので、ボチボチ頑張ります!
そして、初邦訳じゃないけどサンドラ・ブラウン初期~中期が大好きな人には、MIRA文庫「侵入者」をお勧めします♪
もーーー、私はこれ、大好きですよ。
ねっとりこってり、が好きな方(笑)是非どうぞ!!

ようやく体調も戻りつつあり、仕事もペースがつかめて残業もずいぶん減りました。
この調子で読書時間も増やせたらいいなーと思っています。

スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2014/07/12 Sat 22:08 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
<<「潮風に殺意が漂う」スーザン・ブロックマン | ホーム | 2014年5月の気になる新刊>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1149-ce219047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。