FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2013年6月の気になる新刊 
6/3 扶桑社ロマンス
△レニー・ベルナード(Bernard, Renee)「誘惑と戯れの館(MADAME'S DECEPTION)」
The Mistress Trilogy #2
2007 RT's-Reviewers' Choice Award finalists SENSUAL HISTORICAL ROMANCE
◎エリザベス・ノートン(Naughton, Elisabeth)「奪われた女神像(STOLEN FURY)」
Stolen #1
2010 RITA for Best First Book Finalists
2010 RITA for Romantic Suspense Finalists

6/8 マグノリアロマンス
◎ディアドラ・マーティン、クリスティ・リッジウェイ、ローラ・フローランド「花嫁にキスを(KISS THE BRIDE)」
○ホープ・タール(Tarr, Hope)「ときには淑女のように(TEMPTING)」
2002 RT's-Reviewers' Choice Award finalists BEST INNOVATIVE HISTORICAL ROMANCE

6/10 ラズベリーブックス
○パメラ・シャーウッド(Sherwood, Pamela)「星降る夜にワルツを(WALTZ WITH A STRANGER)」
△ドリーン・オウェンズ・マレク(Malek, Doreen Owens)「砂漠の黒い瞳にとらわれて(PANTHER'S PREY)」

6/10 ライムブックス
○メアリ・バログ(Balogh, Mary)「麗しのワルツは夏の香り(THEN COMES SEDUCTION)」
Huxtable Quintet #2

6/14 MIRA文庫
△シャーロット・フェザーストーン(Featherstone, Charlotte)「ベルベットは愛の語りべ(PRIDE & PASSION)」
Brethren Guardians #2
△シャロン・サラ(Sala,Sharon)「目覚めるまでキスをして(BLOOD TRAILS)」
The Searchers #3

6/20 villagebooks
△ジュリー・ガーウッド(Garwood, Julie)「(邦題未定)(SAVING GRACE)」
Medieval
◎ジェシカ・バード(Bird, Jessica)「(邦題未定)(HEART OF GOLD)」
Contemporary
△リンウッド・バークレイ(Barclay, Linwood)「(邦題未定)(TOO CLOSE TO HOME)」
Contemporary,Suspence

6/20 二見ミステリ文庫
◎リンダ・ハワード(Howard, Linda)、リンダ・ジョーンズ「(邦題未定)(RUNNING WILD)」
The Men from Battle Ridge #1
△アリッサ・ジョンソン(Johnson, Alissa)「(邦題未定)(NEARLY A LADY)」
Scottish Highlands

6/26 集英社ベルベット文庫
◎シルヴィア・デイ(Day, Sylvia)
「ベアード・トウ・ユー Ⅰ エヴァの章 上・下(BARED TO YOU)」
「ベアード・トウ・ユー Ⅱ ギデオンの章 上・下」
A Crossfire Novel #1
AAR 2013 Annual Reader Poll Results (for 2012 Releases) Best Erotica/Romantica, Most Tortured Hero
◎ポーシャ・ダ・コスタ(Da Costa, Portia)「 図書館司書グウェンの恋愛通信(IN TOO DEEP)」

6/28 扶桑社ロマンス
△ノーラ・ロバーツ(Roberts, Nora)「(邦題未定)(THE PERFECT HOPE)」
The Inn BoonsBoro Trilogy #3
△サブリナ・ジェフリーズ(Jeffries, Sabrina)「(邦題未定)(WED HIM BEFORE YOU BED HIM)」
School For Heiresses #7


集英社からベルベット文庫が創刊されるようです。
Eroticaに特化しているんでしょうかね?(笑)
久しぶりに、リンダ・ハワードも読んでみたい感じです。
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/05/12 Sun 00:43 】 | 読書あれこれ | comment(6) | trackback(0) |
<<2013年7月の気になる新刊 | ホーム | 「ひそやかな恋心に振りむいて」サリー・マッケンジー>>
コメント

確かに、若干、お腹一杯感はありますね~(笑)
新しい部署にやや慣れてきて、ようやく読書する余裕がでてきたところですけど!
【2013/05/20 19:45】| URL | tu-lala #Zog/ag.A[ 編集] |

ええー、確かに熱々で…(私も大歓迎!)
「フィフティ・・・」は前評判より正統派の恋愛小説に思えましたね~。
これは久々にキープなんですが、ここのとこ読んですぐヤフオク状態なんですよね。
ちょっと飽和状態なのかも。
【2013/05/19 19:57】| URL | tomoko #MxwiaxkQ[ 編集] |

ロマンス文庫も一斉に雨後のなんとかみたいに発生していた時期に比べると、ずいぶん落ち着いた感じですよね。
しかし、どこも熱々路線濃厚になっている気がする。。。
もちろん、私は歓迎ですけどね~(笑)
【2013/05/18 21:20】| URL | tu-lala #Zog/ag.A[ 編集] |

「ベアード・トゥ・ユー」上下で単行本になってます。
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズにはまってしまってたので、内容がちょっと似てる?ん?みたいな感想だったのですが、続きが早く読みたい!
どうも文庫化みたいですね~。まだ待たされそうです。

そう!「オタク男~~」私も待ってるんですけどね~。
【2013/05/16 12:23】| URL | tomoko #MxwiaxkQ[ 編集] |
Re: タイトルなし
これって、単行本で邦訳済なんですか?
うーーん、どうなんでしょう、文庫化ですかね~
ここにきて、集英社もロマンス文庫か?って感じです、、、
それなら是非「オタク男と~~」のシリーズの続きを出してよ!(笑)

この頃レビューが書けないんで、せめて新刊情報だけはマジメに取り組んでますよ~(^_^.)
【2013/05/14 20:08】| URL | tu-lala #-[ 編集] |

「ベアード・トゥ・ユー」は単行本で読んだんですが”A Crossfire Novel #1”ってことは同じものが文庫で出るのかな?
続きが早く読みたいんですけどね~。
今月もいち早い情報ありがとうございました!
【2013/05/14 08:33】| URL | tomoko #MxwiaxkQ[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1117-42c2b346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。