FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「罪つくりな囁きを」コートニー・ミラン 
罪つくりな囁きを (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)罪つくりな囁きを (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
コートニー・ミラン 横山 ルミ子

二見書房 2013-01-21
売り上げランキング : 13968

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Turners #1、のっけから何ですが、シリーズ次作は楽しみなんですけど・・・(笑)
以下、ネタバレありなんでこれから読もうと思っている方は気をつけて!!


なんだかね~、私にとってはアッシュもマーガレットも「一生懸命」すぎて、イマイチ華が感じられなかったのですよ・・・
展開自体も、しごく真っ当で、真っ当すぎてクスっとかする部分があまりなかったな~。
アッシュもマーガレットもいい人で責任感が強くて家族想いで・・・って、キャラかぶってないですか?
それでも、序盤の温室での遭遇あたりまでは結構ドキドキも楽しめたんですけど、、、、
アッシュの抱えるディスレクシアと思われる問題も、それと共に苦難の人生を歩む彼自身も、もっと胸に迫ってきていいはずなんだが、なんだか誠実すぎるが故にさほどの重要事項では無いような気にさせられた・・・のも私だけ?
と、何かと辛口ですみませんが、どうも一生懸命で誠実すぎる展開に、ヒネクレ者は若干遊びが足りずに不満がつのりました(笑)
その上、私の大嫌いな「嘘をついたまま結ばれる」っての、やっちゃいましたね、マーガレット・・・
思わず読みながら「やってもうたか、、、」と呟きましたわ~。
そのすぐ後に真実が明らかになり、尚且つアッシュがぜんぜん根に持たないというそこはかなり目新しい展開だったわけだけど、やっぱりこれは私にとってかなりマイナス要素でしたね。
んで、それでも何故にシリーズ続きが楽しみかと言うと、アッシュより断然下の弟2名のほうが面白そうなキャラだったからです♪
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/02/12 Tue 20:41 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
<<「愛は消せない炎のように」ローラ・リー | ホーム | 2013年3月の気になる新刊>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1108-35676aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。