FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「駆け引きはスペードの夜に」ミシェル・アルバート 
駆け引きはスペードの夜に (ヴィレッジブックス)駆け引きはスペードの夜に (ヴィレッジブックス)
ミシェル・アルバート 中谷ハルナ

ヴィレッジブックス 2013-01-19
売り上げランキング : 108702

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Avalon Investigations #2(だと思うんだが・・・)、あーーー、序盤は面白いと思ったのに・・・(^_^.)
「ロマンティック・ミステリー」って帯にはありましたが、ミステリーな部分なんて、あった??(笑)
以下ネタバレ、、、というかバレるほどのネタでもない?けど、ご注意くださいませ。
最初からジャックが怪しいとわかっていて、絶対何かドンデン返しなり意外な展開なりがあるに違いない!と思って読み続けても、残念ながら最後までそのまま突き進んだだけでした。
ジャックの苦悩やダイアナの葛藤はよくわかるんだが、それよりも肝心のジャックの引き起こした事件の顛末がなんだかとってもあっけなく終わってしまって・・・
カーマイケルに対抗するためにこれだけのことをしでかしたのはわかるんだけど、それにしては最後が嫌にすんなり終わってしまったな~。
古代遺跡を発掘して冒険する考古学者の教授と私立探偵、インディ・ジョーンズっぽい!なんて書かれていたけれど、彼らが実際に動きまわったのはニューオーリンズ界隈とせいぜい野性的な動物園でして。。。
ラストも空港のセキュリティーゾーン付近って、なんか味気ないって思うのは私だけでしょうか?
どうにも盛り上がらないと思いつつ読んだせいか、熱いラブシーンも当事者以外読んでいてあまりドキドキも無いし~~~
と、後半部分はかなりイライラさせられた感じでした。
シリーズはこの後、ボビー、キャシー、フィオナと気になるサブキャラたちのロマンスが続くので、読んでみたい気はするけど、、、時間があれば(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/01/29 Tue 20:36 】 | A | comment(0) | trackback(0) |
<<2013年3月の気になる新刊 | ホーム | 「優しい午後にくちづけて」リサ・クレイパス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1106-d1ad6d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。