FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「赤い翡翠がときめく夜」マージョリー・M・リュウ 
赤い翡翠がときめく夜 (ヴィレッジブックス)赤い翡翠がときめく夜 (ヴィレッジブックス)
マージョリー・M・リュウ

ヴィレッジブックス 2012-11-20
売り上げランキング : 18652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Dirk & Steele #3、うーーん、なんとも言い難い読後感(笑)
このシリーズは大好きなので、このトーンダウンはちょっとがっかりでした。
一番???なのは、結局赤い翡翠の力ってなんだったの?何のためにみんなここまで殺し合うほど必死になって探したの?ってことが、読み終わってもピンとこないことです。
確かに、途中からかなりの飛ばし読みでしたが(笑)それにしたって、もう少しすっきりした答えが理解できるかと思っていたのですけど・・・
赤い翡翠(というか、書物?ディーンとミリの2人があわさった力??)が結局どんな力を運んでくるのは謎のまま、これからのシリーズの展開の中で明かされるのか?!
にしても、もう少しなんか収穫が欲しかったです・・・
堅い絆で結ばれたディーンとミリが再開して逃避行する中盤あたりまではなかなか面白かったんだけど、結局赤い翡翠の謎がでかすぎて、消化不良に陥った感じがしました。
ラストの戦いの納め方も、え?それで終わり?って思ったのは私だけでしょうか。
ともあれ、このシリーズのキャラ達はみんな魅力的なので、次も必ず読むつもりではおりますけれどね。
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/12/24 Mon 22:59 】 | L | comment(0) | trackback(0) |
<<「微笑みはいつもそばに」リンゼイ・サンズ | ホーム | 「身代わりの結婚は公爵と」エマ・ワイルズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1099-8c2896ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。