FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2013年1月の気になる新刊 
もう、来年の新刊予定となりました。
早いな~~~
扶桑社ロマンスとvillagebooksは未定です。


1/9 マグノリアロマンス
△マヤ・ローデイル(Rodale, Maya)「さる上流婦人の憂鬱(A TALE OF TWO LOVERS)」
Writing Girls #2
△シェリル・アン・スミス(Smith, Cheryl Ann)「令嬢は娼婦のふりをする(THE ACCIDENTAL COURTESAN)」
School for Brides #2

1/10 ラズベリーブックス
◎ロレイン・ヒース(Heath, Lorraine)「伯爵の花嫁の無垢なあやまち (PASSIONS OF A WICKED EARL)
London's Greatest Lovers #1
RT BOOK REVIEWS 2010 Reviewers' Choice Award Nominees Historical Romance of the Year

◎エマ・ワイルズ(Wildes, Emma)「塔の乙女と誘惑のハイランダー (SEDUCING THE HIGHLANDER)
短編3作品のようです。

1/10 ライムブックス
◎メアリ・バログ(Balogh, Mary)「うたかたの誓いと春の花嫁(FIRST COMES MARRIAGE)」
Huxtable Quintet #1

1/15 MIRA文庫
△シャロン・サラ(Sala,Sharon)「微笑むまでそばにいて(BLOOD TIES)」
The Searchers #2
○シャーロット・フェザーストーン(Featherstone, Charlotte)「オニキスは誘惑の囁き(SEDUCTION & SCANDAL)」
Brethren Guardians #1
RT BOOK REVIEWS 2011 Reviewers' Choice Award Nominees Sensual Historical Romance

1/19 villagebooks
◎アマンダ・クイック(Quick, Amanda)「(邦題未定)(THE PERFECT POISON)」
Arcane Society #7
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Nominees HISTORICAL ROMANTIC MYSTERY/GOTHIC
→ごめんなさい、1月には発売されないようです!
◎ミシェル・アルバート(Albert, Michele)「(邦題未定)(GETTING HER MAN)」
Avalon Investigations #1
2002 RT's-Reviewers' Choice Award finalists BEST CONTEMPORARY ROMANCE

1/20 二見ミステリ文庫
◎コートニー・ミラン(Milan, Courtney)「(邦題未定)(UNVEILED)」
The Turners #1
Victorian
2012 RITA Finalists for Historical Romance
△リンゼイ・サンズ(Sands, Lynsay)「(邦題未定)(TALL DARK AND HUNGRY)」
Argeneau And Rogue Hunter Series #4
△スーザン・エリザベス・フィリップス(Phillips, Susan Elizabeth)「(邦題未定)(THE GREAT ESCAPE)」
American's Lady #4

1/27 ラベンダーブックス
△ニコール・ジョーダン(Jordan, Nicole)「(邦題未定)(MOONWITCH)」
△キャット・マーティン(Martin, Kat)「(邦題未定)(NOTHING BUT VELVET)」
The Litchfield Series #1
1997 RT's-Reviewers' Choice Award finalists HISTORICAL ROMANCE OF THE YEAR


この頃、パラノーマルが少なくなったような気がします・・・
ヒストリカルが相変わらず多いけれど、コンテンポラリーがやっぱり読みたい!
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/12/03 Mon 21:24 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
<<「身代わりの結婚は公爵と」エマ・ワイルズ | ホーム | 「凍てつく瞳の炎」ローラ・リー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1097-75a1f2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。