FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「凍てつく瞳の炎」ローラ・リー 
凍てつく瞳の炎 (マグノリアロマンス)凍てつく瞳の炎 (マグノリアロマンス)
ローラ・リー 多田桃子

オークラ出版 2012-11-09
売り上げランキング : 18917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Elite Ops #5、今回は、ある意味とことん真面目なヒーローでしたね。
無駄口たたかず、おふざけも無し、、、(笑)でも、それがニックの個性としてよく雰囲気が出ていたと思います。
過去の辛い体験からどこまでも現実主義で甘い夢を見ない男を、手の届くところにある幸せを掴んで未来を夢見ていいんだって思わせた、ミケイラの純真さと強さ。
ミケイラも、なんだかんだで結構な生真面目ぶり、人生楽しもうとデートはするものの、自分が納得できなければいい加減に前には進まない頑固一徹ぶり(笑)
そういう、人生において妥協なしな真面目っぷりで、意外にもたくさんの共通点があったってことか?
ストーリーのほうは、ミケイラが目撃したマディックスの殺人場面は一体どういうトリックでつくられたのか、ってことを終盤まで引っ張ってくれるんだけど、この落着方法が、、、まあ、なんとストレートな!!
もうね、ここまできたらきっとこういう「オチ」しか無いんだろうとは思っていましたが、やっぱりそう来たか~~。
でもまあ、謎解き部分はもうね、添え物ですから(爆)
それにしても、このシリーズどれも長編だもんで、中盤かなりダレます・・・
もうちょっとコンパクトにしてくれたほうが、テンポいいはずなんだけどな~。
さて、シリーズはいよいよジョーダンのロマンスで締めなわけで、楽しみです♪
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/11/25 Sun 19:04 】 | L | comment(0) | trackback(0) |
<<2013年1月の気になる新刊 | ホーム | 「野性の夜に扉をあけて」ローリー・フォスター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1096-fca4752f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。