FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2012年12月の気になる新刊 
12/3 扶桑社ロマンス
△コニー・メイスン(Mason, Connie)「ハイランドの戦士と情熱の花嫁(THE HIGHLAND WARRIOR)」
△サブリナ・ジェフリーズ)Jeffries, Sabrina) & リズ・カーライル(Carlyle, Liz)「結婚をめぐる十箇条 修養学校の秋(SCHOOL FOR HEIRESSES)」
School For Heiresses #2.5
「TEN REASONS TO STAY」 「AFTER MIDNIGHT」

12/9 マグノリアロマンス
○リラ・ディパスカ(DiPasqua, Lila)「黒髪の王子とダンスを(A MIDNIGHT DANCE)」
Fiery Tales #3
○ミシェル・アン・ヤング(Young, Michele Ann)「琥珀色の瞳に捧ぐ(NO REGRETS)」

12/10 ラズベリーブックス
○ドリーン・オウェンズ・マレク(Malek, Doreen Owens)「シークと青い瞳の花嫁 (THE PANTHER AND THE PEARL)
◎エマ・ワイルズ(Wildes, Emma)「身代わりの結婚は公爵と (THE THIRD DUKE'S THE CHARM)
Ladies in Waiting #3

12/10 ライムブックス
○エロイザ・ジェームズ(James, Eloisa)「愛しき美女と野獣は(WHEN BEAUTY TAMED THE BEAST)」
Happily Ever Afters #2
RT BOOK REVIEWS 2011 Reviewers' Choice Award Nominees Innovative Historical Romance
2012 Annual Reader Poll (for 2011 Releases) Biggest Tearjerker - tie
2012 RITA Finalists for Regency Historical Romance

12/15 MIRA文庫
○ヴィクトリア・ダール(Dahl, Victoria)「地味秘書ジェーンの願いごと(LEAD ME ON)」
Tumble Creek #3
2011 RITA Finalists for Contemporary Single Title Romance
△サブリナ・ジェフリーズ(Jeffries, Sabrina)「お気に召さない求婚(A DANGEROUS LOVE)」
Swanlea Spinsters #1

12/18 二見ミステリ文庫
◎リンゼイ・サンズ(Sands, Lynsay)「(邦題未定)(THE COUNTESS)」
The Madison Sisters #1
△アイリス・ジョハンセン(Johansen, Iris)「(邦題未定)(ALWAYS)」
Sedikhan #8

12/20 villagebooks
◎J・D・ロブ(Robb, J. D.)「(邦題未定)(KINDRED IN DEATH)」
In Death Series #29
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Nominees PARANORMAL ROMANTIC SUSPENSE
△ジュリー・ガーウッド(Garwood, Julie)「(邦題未定)(FIRE AND ICE)」
Buchanan-Renard #8
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Nominees ROMANTIC INTRIGUE

12/20 扶桑社ロマンス
△ノーラ・ロバーツ(Roberts, Nora)「(邦題未定)(THE NEXT ALWAYS)」
The Inn BoonsBoro Trilogy #1
△ジュリア・ロンドン(London, Julia) & レニー・ベルナード(Bernard, Renee)「(邦題未定)(SCHOOL FOR HEIRESSES)」
「THE MERCHANT'S GIFT」「MISCHIEF'S HOLIDAY」


あっという間にもう12月!
年末ですが、私的にはとっても地味目な月になりました・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/11/05 Mon 23:29 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
<<「野性の夜に扉をあけて」ローリー・フォスター | ホーム | 「すみれの香りに甘く誘われて」エマ・ワイルズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1094-275fddf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。