FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「すみれの香りに甘く誘われて」エマ・ワイルズ 
すみれの香りに甘く誘われて (ラズベリーブックス)すみれの香りに甘く誘われて (ラズベリーブックス)
エマ・ワイルズ 大須賀典子

竹書房 2012-10-10
売り上げランキング : 7018

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Ladies in Waiting #2、さくっと読了です。
うん、正直、ちょっとエマ・ワイルズにもご馳走様感が漂いますが・・・(笑)ハズレなく読み切れるのでいいんですけどね~
今回もカップルがダブルで登場、年上女性レジャイナと素行のよろしい紳士ジェームズのサイドロマンスが「あっつい方」ってことなんでしょうけど、それよりもリリアンとダミアンの奥ゆかしいながらジワジワと熱いロマンスのほうが面白かったです。
レジャイナ&ジェームズは熱いけれど、ドキドキ感はあんまり・・・かと言ってしみじみすることもないし(笑)
お約束の展開にあと一捻りあったらよかったのにね。
で、リリアン&ダミアンは、エマ・ワイルズらしく徐々に盛り上がっていく心のうちを丁寧に描いていて、スッキリと読めました。
まあこっちも、お約束な展開なんだけど、意外にもダミアンが後半かなり積極的に出てくるのでそこは楽しかったな。
とまあ、毎度のエマ・ワイルズと変わらないレヴューで、正直格別書くことがないのか!(笑)って感じですが、毎度そこそこのクオリティーで読ませてくれるのはさすがです~。
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/10/21 Sun 19:59 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
<<2012年12月の気になる新刊 | ホーム | 「危険な男の誘惑」マヤ・バンクス&カーリン・タブキ&シルヴィア・デイ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soraaoi.blog56.fc2.com/tb.php/1093-65320f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。