FC2ブログ
2014年1月の気になる新刊 
1/9 マグノリアロマンス
○ローラ・ランドン(Landon, Laura)「仕組まれた求愛者(THE MOST TO LOSE)」
△ヴィクトリア・ロバーツ(Roberts, Victoria)「ハイランドの逃亡者(TEMPTATION IN A KILT)」
Bad Boys of the Highlands #1

1/9 ライムブックス
◎コニー・ブロックウェイ(Brockway, Connie)「偽りの花嫁と夢の続きを(THE OTHER GUY'S BRIDE)」
AAR 2012 Annual Reader Poll (for 2011 Releases) Best Historical Romance Not Set in the U.K. - Honorable Mention

1/10 ラズベリーブックス
△グレース・バローズ(Burrowes, Grace)「黒い瞳にかりそめの愛を誓って(LADY LOUISA'S CHRISTMAS KNIGHT)」
The Duke's Daughters #3
△ジュリア・クイン(Quinn, Julia)「運命のキスは柔らかな雨のように(A NIGHT LIKE THIS)」
Smythe-Smith Quartet #2

1/15 MIRA文庫
△ジェシカ・バード(J・R・ウォード)(Bird, Jessica)「この手はあなたに届かない(HIS COMFORT AND JOY)」
The Moorehouse Legacy #2
○カーラ・ケリー(Kelly, Carla)「拾われた1ペニーの花嫁」

1/17 集英社ベルベット文庫
△セイディー・マシューズ(Matthews, Sadie)「ファイヤー・アフター・ダーク-真紅の約束(FIRE AFTER DARK)」

1/20 二見ミステリ文庫
△キャサリン・コールター(Coulter, Catherine)「(邦題未定)(MIDSUMMER MAGIC)」
The Magic Trilogy #1

1/20 villagebooks
△ジュリー・ガーウッド(Garwood, Julie)「(邦題未定)(HONOR'S SPLENDOUR)」
Medieval

1/25 ラベンダーブックス
△テッサ・デア(Dare, Tessa)「(邦題未定)(A LADY BY MIDNIGHT)」
Spindle Cove #3
△サブリナ・ジェフリーズ(Jeffries, Sabrina)「(邦題未定)(THE PIRATE LORD)」
The Lord Trilogy

1/31 扶桑社ロマンス
◎カレン・ローズ(Rose, Karen)「(邦題未定)上・下(KILL FOR ME)」
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Winner CONTEMPORARY MYSTERY
2010 RITA for Romantic Suspense Finalists
△サブリナ・ジェフリーズ(Jeffries, Sabrina)「(邦題未定)(THE TRUTH ABOUT LORD STONEVILLE)」
Hellions of Halstead Hall #1
RT BOOK REVIEWS 2010 Reviewers' Choice Award Nominees Innovative Historical Romance


1月はなんだかこれといって気になるものが無く。。。
積み残し消化月間か?(笑)
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/12/02 Mon 21:45 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
「誘惑の海を渡って」エマ・ワイルズ 
誘惑の海を渡って (ラズベリーブックス)誘惑の海を渡って (ラズベリーブックス)
エマ・ワイルズ 桐谷 知未

竹書房 2013-11-09
売り上げランキング : 14541

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★誘惑の海を渡って(BETWEEN A RAKE AND A HARD PLACE)
なかなか丁寧な描写でひたすら熱いだけって感じでもなく、良かったです。
でも、メインのカップルより、ハンナとボウの駆け引きのほうが気になって・・・(笑)

★珊瑚礁の海をめざして(THE DEVIL'S LAGOON)
前作から引き続いて、ハンナとボウのやり取りが面白かった。
というより、ボウがハンナの影響でどんどん化けの皮?をはがされていく感じが良かった。
中盤以降は、ちょっとダルい感じはあったけど。

★レディ・トレメインの仰せのとおり(SERVICING LADY TREMAYNE -Secret Sins)
うーーん、これはあんまりこのみじゃなかったな~。
設定ありき、な感じがしたし、トマスが医者だからって堅物である必要はないけど、だからっていきなりああいうプレイに走るかね?って。。。
熱い設定も、ちょっと鼻白んだ感じですね~。


ラズベリーブックス、エマ・ワイルズの全て邦訳しちゃいそうな勢いですね・・・(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/12/01 Sun 09:20 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |