FC2ブログ
「運命は炎のように」リサ・マリー・ライス 
運命は炎のように (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)運命は炎のように (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
リサ・マリー・ライス 林 啓恵

二見書房 2013-07-22
売り上げランキング : 21435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


A Protector's Novel #2、うわーー、これでもかってくらい、LMRらしい。。。(笑)
が、正直、シリーズ1作目のほうが面白かったな~。
サムとハリーのキャラがなんとなく被るのはまだいいかと思えるのだけど、ニコールとエレンもまた同じタイプ。
ってか、LMRのいつものヒロイン。
それはそれなんだけど、ニコールのほうがエレンより力強い印象だったので、エレンの良さが消えてしまった感じです。
歌姫として癒しを与えるという設定は良いので、どうせならそれと対極になるくらいの力強さもどこかで感じさせて欲しかったかな。
とにもかくにも、展開もキャラ造詣も、いつものLMR節です!(笑)
ラブシーンはね、やっぱりネットリ具合は薄らいできた気がするな~。
こうなったら、3人の中で一番軽そうなマイクに期待します。。。
だって、ヒロインも今までと一味違いそうだしね~♪
ハリーも絡んで、そのへんのスッタモンダに大いに期待したいです!
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/25 Sun 21:32 】 | R | comment(0) | trackback(0) |
「渚と吐息のコンチェルト」ジェイン・アン・クレンツ 
渚と吐息のコンチェルト (MIRA文庫)渚と吐息のコンチェルト (MIRA文庫)
ジェイン・A クレンツ 琴葉 かいら

ハーレクイン 2013-08-08
売り上げランキング : 10678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Eclipse Bay Series #1、クレンツ節炸裂で、一気読み♪
うーーん、この頃のロマンス熱とサスペンスの配分具合が、私はかなり好きですね~!
もっと前の作品の、ロマンス全開ももちろんいいんだけど、家族とか人生とか、いい大人になってからのモロモロのことをひっくるめての恋愛模様が描かれていて、それがいつもとても楽しいんだな~。
この作品では、レイフをちょうどいい塩梅の「昔の不良」にしたのが良かった。
これがあまりにもセクシーでワイルドすぎたら(それでも、ハンナにとっては悩殺的にセクシーのようだけど)ちょっとアクが強すぎてしまうところ、ちょっぴり洗練された男のイメージが足されて、実に魅力的だった。
ハンナの「理想の夫」リストにいつまでもこだわるレイフの男の純情もよかったし。。。
ハンナはハート家の人間らしく多少理屈が勝る部分もあったけど、プライドにとらわれ過ぎず、自分の気持ちに素直に行動してくれてよかったです。
ネタバレですが、シリーズ2作目はゲイブとリリアン、そして3作目はニックとオクタヴィア!のロマンスだそうで。。。楽しみ~~♪

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/19 Mon 20:00 】 | K | comment(2) | trackback(0) |
「愛に手錠をかけるとき」シャイラ・ブラック、シルヴィア・デイ、シャイロ・ウォーカー 
愛に手錠をかけるとき (マグノリアロマンス)愛に手錠をかけるとき (マグノリアロマンス)
シャイラ・ブラック シルヴィア・デイ シャイロー・ウォーカー 多田桃子

オークラ出版 2013-05-09
売り上げランキング : 240802

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


刑事さんが情熱メラメラで、、、って設定、結構好きなんで読んでみました~。

★「謎解きは初夜に(ARRESTING DESIRE)」シャイラ・ブラック
これ、面白かったわ~~~!
シャイラ・ブラック、もっと読んでみたい!
一番良かったのは、ベッドにいたるまでかなーーりじらしてラブラブしまくってくれたこと(笑)
そうそう、ただ行為の激しさより、こういうせめぎ合いが好きなんですよね~、私は!
その点、終盤はあっさり目な気がするんですが、前半がとっても楽しかったので、いいのです。

★「炎にさそわれて(ON FIRE)」シルヴィア・デイ
うーーむ、勢いがすごくて、どうも半分ついていけなかったわ~
特に激しいわけじゃないんだけど、なんか痛そうなイメージが。。。
2人共がガンガンいくタイプだったから、ちょっとつまらなかったですね。

★「切れない糸をたぐって(THE UNWILLING)」シャイロ・ウォーカー
で、こっちは前半部分がタラタラしすぎていて、盛り上がりが遅かった。


すみません、シャイラ・ブラック以外、かなりの流し読みで、あまり書くことが無い。。。(~_~;)


テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/13 Tue 19:22 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
「見知らぬあなたと恋に落ちて」エマ・ワイルズ 
見知らぬあなたと恋に落ちて (ラズベリーブックス)見知らぬあなたと恋に落ちて (ラズベリーブックス)
エマ・ワイルズ 大須賀典子

竹書房 2013-07-10
売り上げランキング : 37351

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


A Whispers of Scandal Novel #1、久しぶりに、かなり好みな展開で一気読み♪
いつものように2カップルのロマンスの同時進行ですが、ベンジャミンとアリシアの夫婦は、今後も「貴族探偵と助手」?的に活躍する模様。
今回の事件の実行犯と応酬が今後も続くのかな?
謎解きという点でも、意外性をもって読ませてくれて面白かったな。
で、メインカップルのランドルフとエレナ、結構展開が早かったので(設定として当然か)うーーん、恋愛の機微はどうなの?ってちょっと思っていたら、中盤から終盤に向けて、特にランドルフの心のうちが丁寧に描かれて、甘酸っぱくて良かった!
従僕のゴーマンの言葉に目を覚まされるランドルフが、放蕩者も目覚めって感じで清々しくてね~
熱さは若干控えめだけど、それを補うロマンスの丁寧さがあって、エマ・ワイルズらしい作品でした。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/12 Mon 20:27 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
「危険なレッスンをあなたと」エマ・ワイルズ 
危険なレッスンをあなたと (ラズベリーブックス)危険なレッスンをあなたと (ラズベリーブックス)
エマ・ワイルズ 桐谷 知未

竹書房 2013-05-10
売り上げランキング : 154983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エマ・ワイルズのコンテンポラリーを集めた短編集。

★「危険なレッスンをあなたと」WATCHER
うーーん、、、年下ヒーローがダメな訳じゃないけど、なんかイマイチだな~。
大体、ヒロインのジャナがなんか辛気臭い・・・(笑)
元夫を悼んでいるのはわかるけど、どうも前向きな感じがなくて、あんまり頭良さそうな感じでもなかった(爆)
なので、そんなジャナを崇めるジェイクも、もうひとつでした。。。

★「愛は吹雪のなかで」BLINDSIDED
これが一番面白かったですね!
出会いからベッドまで一晩だけど、それまえのお互いの葛藤や気持ちの盛り上がりがスムーズなんで、読みやすかった。
ジェシーがちょっとぶっきらぼうだけど謙虚で誠実な男なのが良かったのかな。

★「完璧な三人」PICTURE PERFECT
いかにも、な感じのエロティカ(笑)
3人でも4人でも別にかまいませんが~、これはキャラ全員がちょっと脳みそが薄そう(ひど)な感じで、、、
羞恥心から盛り上がる熱をあまり感じられなかったな。


やっぱり、ヒストリカルのが断然甘酸っぱくてよろしい。。。と思ったtu-lalaです(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/11 Sun 10:01 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
「蜜色の愛におぼれて」ローラ・リー 
蜜色の愛におぼれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)蜜色の愛におぼれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
ローラ・リー 桐谷 知未

二見書房 2013-04-22
売り上げランキング : 24967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Tempting Seals #3、ずいぶん前に読了しているので、ちょっと忘れかけてしまっています(笑)
麻薬王カルテルを継いだイアンがどうなっていくのかと思ったら、意外にも父親がけっこう絡んできて。。。
なんとなく前作までは、イアンの繊細な部分が印象に残っていたので、予想以上に荒々しくてワイルドだったのね~と思った。
カイラとの関係も、カイラがしっかりした女性でもイアンが知らぬ間に仕切っているような印象があったなー。
ラブシーンの激しさにはすっかり慣れてしまったので、もっとその前段階のジワジワした部分を楽しめたらよかったのに。
この頃はそういうジラシの効いた作品が読みたいなーと思いますね。
そこに至るまでの展開が、やっぱりロマンスの醍醐味だと思うから。。。
シリーズはこれで終了だったかな?
ローラ・リーは大好きなので、是非次はパラノーマルを邦訳して欲しいです!

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/07 Wed 21:17 】 | L | comment(0) | trackback(0) |
2013年9月の気になる新刊 
9/2 扶桑社ロマンス
◎マンダ・コリンズ(Collins, Manda)「公爵と愛のワルツを(HOW TO DANCE WITH A DUKE)」
Ugly Ducklings #1
△ノーラ・ロバーツ(Roberts, Nora)「孤独な瞳の目撃者 上・下(THE WITNESS)」
AAR 2013 Annual Reader Poll Results (for 2012 Releases) Best Romantic Suspense

9/9 マグノリアロマンス
△ジョアンナ・ウォー(Waugh, Joanna)「侯爵と運命の女神(BLIND FORTUNE)」
△ローズマリー・ロジャーズ(Rogers, Rosemary)「偽りの婚約(SCANDALOUS DECEPTION)」

9/10 ラズベリーブックス
◎エマ・ワイルズ(Wildes, Emma)「麗しのレディが恋に落ちて(A MOST IMPROPER RUMOR)」
A Whispers of Scandal Novel #2
△ロレイン・ヒース(Heath, Lorraine)「花嫁の嘘は愛のあやまち(PLEASURES OF A NOTORIOUS GENTLEMAN)」
London's Greatest Lovers #2

9/10 ライムブックス
△シェリー・トーマス(Thomas, Sherry)「甘いヴェールの微笑みに(BEGUILING THE BEAUTY)」
Fitzhugh #1

9/15 MIRA文庫
○ティファニー・ライス(Reisz, Tiffany)「セイレーンの涙──見えない愛につながれて(THE SIREN)」
The Original Sinners #1
○ニコラ・コーニック(Cornick, Nicola)「貴公子と無垢なメイド (FORBIDDEN)
Scandalous Women of the Ton #6

9/19 ソフトバンク文庫
△シャーレイン・ハリス(Harris, Charlaine)「トゥルーブラッド13 終焉のはじまり(DEAD EVER AFTER)」
A Southern Vampire Mystery #13

9/20 二見ミステリ文庫
△キャサリン・コールター(Coulter, Catherine)「(邦題未定)(KNOCKOUT)」
FBI #13
○キャンディス・キャンプ(Camp, Candace)「(邦題未定)(A SUMMER SEDUCTION)」
Legend of St. Dwynwen #2

9/20 villagebooks
◎カレン・マリー・モニング(Moning, Karen Marie)「(邦題未定)(FAEFEVER)」
The Fever Series #3

9/20 集英社ベルベット文庫
△ローガン・ベル(Belle, Logan)「恋はベティ・ペイジのように」

9/24 扶桑社ロマンス
○ティファニー・クレア(Clare, Tiffany)「(邦題未定)(THE SEDUCTION OF HIS WIFE 1-#2)」
RT BOOK REVIEWS 2011 Reviewers' Choice Award Nominees British Isle-set Historical Romance
○ヘザー・スノウ(Snow, Heather)「(邦題未定)(SWEET ENEMY)」
A Veiled Seduction Novel #1

9/25 ラベンダーブックス
○キャット・マーティン(Martin, Kat)「婚約中の侯爵を奪うには」
SILK AND STEEL The Litchfield Series #2
△ニコール・ジョーダン(Jordan, Nicole)「砂漠のシークにさらわれて(仮)」
LORD OF DESIRE

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/08/02 Fri 21:56 】 | 読書あれこれ | comment(2) | trackback(0) |
| HOME |