FC2ブログ
「星のかけらを紡いで」ジェイン・キャッスル 
星のかけらを紡いで (ラズベリーブックス)星のかけらを紡いで (ラズベリーブックス)
ジェイン・アン・クレンツ 石原 未奈子

竹書房 2013-05-10
売り上げランキング : 324238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お久しぶりのレヴューです。
読み散らかして整理していないものも、ボチボチ整理しないとね。。。

前作よりさらにテンポがよくなったというか、今回はエメットのいじらしさと男らしさが際立った感じですね。
でもそれって、リディアの魅力あってのことなんで、リディアのある意味「男前な」きっぷの良さと、エメットに対して見せる女性らしい思いやりや心配も、読んでいて心地良かったです。
なんかほんと、いいコンビだなーと。
いいコンビと言えば、ファズとエメットの新?コンビっぷりも面白かった!
ファズの可愛らしい仕草があちこちに散りばめられていて、それもまたなんとも愛らしかったですね!
クレンツ作品の感想でいつも同じこと書いちゃうけど。。。とにかく安心してリラックスして楽しめるのがいいんですよね。
謎解きもラストにいい感じではめ込まれ、作品全体が本当にいいテンポで最初から最後まで進んだ感じです。
シリーズというか、ハーモニーでの物語は、まだ続きがあるんですよね?
そちらも、是非邦訳して欲しいですね~。
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/07/28 Sun 19:53 】 | C | comment(0) | trackback(0) |
2013年8月の気になる新刊 
8/2 扶桑社ロマンス
△コニー・メイスン(Mason, Connie)「ヴァイキングに愛を誓って(VIKING!)」
◎ナリーニ・シン(Singh, Nalini)「遠き記憶が輝くとき(BLAZE OF MEMORY)」
The PSY-CHANGELING Series #7

8/9 マグノリアロマンス
○ロニー・ローレン(Loren, Roni)「わたしだけの支配者(CRASH INTO YOU)」
Loving on the Edge #1
△シルヴィア・デイ(Day, Sylvia)「罪という名の記憶(SEVEN YEARS TO SIN)」

8/10 ラズベリーブックス
○ジュリア・クイン(Quinn, Julia)「幸せのその後で ブリジャートン家後日譚」
The Bridgertons
○シェリ・ホワイトフェザー(Whitefeather, Sheri)「愛は仮面に隠して」

8/10 ライムブックス
◎ローラ・リー・ガーク(Guhrke, Laura Lee)「めくるめく夢の夜を乙女に(THE SEDUCTION)」
Victorian

8/15 MIRA文庫
◎ジェイン・アン・クレンツ(Krentz, Jayne Ann)「渚と吐息のコンチェルト(ECLIPSE BAY)」
Eclipse Bay Series #1
◎ポーシャ・ダ・コスタ 他(Da Costa, Portia)「侯爵と私」

8/20 二見ミステリ文庫
△アイリス・ジョハンセン(Johansen, Iris)「(邦題未定)(WHITE SATIN)」
○クリスティーナ・ブルック(Brooke, Christina)「(邦題未定)(HEIRESS IN LOVE)」
2012 RITA Finalists for Regency Historical Romance

8/20 villagebooks
△J・D・ロブ(Robb, J. D.)「(邦題未定)(FANTASY IN DEATH)」
In Death Series #31
◎ローリ・フォスター(Foster, Lori)「(邦題未定)(SWEET DREAMS)」
△ジェシカ・スポッツウッド(Spotswood, Jessica)「(邦題未定)(BORN WICKED)」
The Cahill Witch Chronicles#1

8/20 集英社ベルベット文庫
◎マヤ・バンクス(Banks, Maya)「(邦題未定)(RUSH)」

8/30 扶桑社ロマンス
◎マンダ・コリンズ(Collins, Manda)「(邦題未定)(HOW TO DANCE WITH A DUKE)」
Ugly Ducklings #1
△ノーラ・ロバーツ(Roberts, Nora)「(邦題未定)(THE WITNESS)」
AAR 2013 Annual Reader Poll Results (for 2012 Releases) Best Romantic Suspense

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2013/07/02 Tue 22:47 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |