FC2ブログ
「花嫁たちに捧ぐ詩」キャンディス・キャンプ&メアリー・ジョー・パトニー&シャーロット・フェザーストーン 
花嫁たちに捧ぐ詩 (MIRA文庫 MP 2-1)花嫁たちに捧ぐ詩 (MIRA文庫 MP 2-1)
メアリー・ジョー・パトニー 新井 ひろみ

ハーレクイン 2012-10-15
売り上げランキング : 12776

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MIRAのウェディング・ストーリー、3作品それぞれ色合いが違って面白かったです。

★「公爵の憂鬱な夜」メアリー・ジョー・パトニー
パトニーらしい丁寧な心理描写で、出会い~すれ違いの結婚~徐々に近づいていく想い・・・って展開がジワジワと迫ってきて良かった。
ジャスティンの落ち着いた魅力がとても巧みに表現されていたし、サニーの戸惑いや結婚への憧れもしつこすぎない程度にクローズアップされていたし。
2人の心が通いあって良かった良かったと心から思える素直な作品。

★「純白のプロポーズ」キャンディス・キャンプ
うーーーむ、苦手だ(笑)
このヒロインのように自分の天然すぎる失敗は棚にあげて「どうしてあなたはそんなに優しいの?ダメな私をもっと叱って!」と、いわば逆ギレする人・・・
どないせーっちゅーの!と、冷たい私なら鼻で笑うところですが(鬼)ヒロインに一途に惚れているヒーローはどこまでもとことんヒロインに優しいのでした・・・(笑)
本に夢中で新婚の夫に食事も作れないような女性は、嫌いです(きっぱり)

★「七夜の契り」シャーロット・フェザーストーン
熱さの点では、一番で面白かったですね~。
さばけたヒロインと、そんなヒロインを昔から密かに思っていた放蕩者の噂がつきまとうヒーローの、テンポの良いやり取りが楽しかったです。
自分の気持ちを無理やり捻じ曲げないところや、情熱に素直なところが似た者同士の2人でしたね。

一番読み応えがあったのは、やはりパトニー作品でしたね~。
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/10/15 Mon 21:50 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |