FC2ブログ
「闇夜に乙女が訪れて」エマ・ワイルズ 
闇夜に乙女が訪れて (ラズベリーブックス)闇夜に乙女が訪れて (ラズベリーブックス)
エマ・ワイルズ 大須賀 典子

竹書房 2012-03-09
売り上げランキング : 2719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Brothers of the Absinthe Club 残り3作品です。
ちょっとパワーダウンかな~。

★「贈られた悦び」(INITIATING CHRISTIAN)
あー、私、こういう純粋すぎてちょっと周りが見えないヒーローって苦手(笑)
そして年上ヒロインの場合、賢いより天然なほうが好き・・・
って、そんな条件ばっかり言っても仕方ないんですが、まああまり好みの設定でなかったのでサラッと読みました。
それにしても、ことの真っ最中、あの瞬間(笑)を他人に目撃されるのは激しいダメージでしょう!
このシーンはかなり笑えたな。

★「あなたの胸で忘れさせて」(A MOST SCANDALOUS POSITION)
キャサリンの一生懸命さが嫌みがなくて良かった。
ロマンスのスムーズさでは一番納得がいく感じで、展開も無理がなくて読みやすかったかな。

★「闇夜に乙女が訪れて」(BEAUTIFUL ASSASSIN)
ラストのジョナスのロマンスは、なかなか勢いがあって楽しかった。
マリアンヌとのやり取りもくすっと笑えて面白かったし、ベッドまでのじらしもちょうどよい感じだった。

さすがに6作品も同じような感じだと、ちょっとお腹いっぱいな感じではあります・・・
来月の作品も、中編3作なのかな~?
ともあれ、新刊買いはする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/03/11 Sun 09:52 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
2012年4月の気になる新刊 
3月最初の更新が、新刊案内というのは大変恐縮です・・・(~_~;)
えーっと、今は近藤史恵の猿若町捕物帳を読んでおりまして、文庫がこれで一段落するので、そろそろロマンス小説も読むか・・・と思っています!

◎即購入
○思案中
△今のところ様子見


3/下旬 扶桑社ロマンス
△アンドレア・ピケンズ(Pickens, Andrea)「(邦題未定)(SEDUCED BY A SPY)」
Mrs. Merlin's Academy for Select Young Ladies #2
2008 RT's-Reviewers' Choice Award finalists HISTORICAL ROMANTIC ADVENTURE

4/9 マグノリアロマンス
○クリスティ・ケリー(Kelley, Christie)「スキャンダルは伯爵と(EVERY NIGHT I'M YOURS)」
Spinster Club #1
◎シェイン・ボルクス(Bolks, Shane)「片思いの終わらせ方(THE GOOD, THE BAD, AND THE UGLY MEN I'VE DATED)」
シャーナ・ガレンのコンテンポラリー

4/10 ラズベリーブックス
◎エマ・ワイルズ(Wildes, Emma)「不機嫌な花嫁にささげるワルツ (COMPROMISING SITUATIONS)
Brothers of the Absinthe Club でしょうね。
→Reformed Rakes #2 ですが、これも短編3作収録でしょうか?
△マデリン・ハンター(Hunter, Madeline)「愛の歌は海を越えて (THE SAINT)
The Seducer series #2

4/10 ライムブックス
◎リサ・クレイパス(Kleypas, Lisa)「純白の朝はきらめいて(MARRIED BY MORNING)」
The Hathaways #4
AAR 2011 Annual Reader Poll (for 2010 releases)Best Romance Hero(Leo Hathaway)

4/15 MIRA文庫
◎ジェイン・アン・クレンツ(Krentz, Jayne Ann)「億千の愛の静寂(しじま)に(WILDEST HEARTS)」

4/20 HQプレゼンツスペシャル
◎ローリ・フォスター(Foster, Lori)「眠れぬ朝はあなたと(SAVOR THE DANGER)」
Men Who Walk the Edge of Honor #3

4/20 villagebooks
◎アマンダ・クイック(Quick, Amanda)「(邦題未定)(AFFAIR)」
1997 RT's-Reviewers' Choice Award finalists BEST HISTORICAL ROMANTIC MYSTERY
△ダイアナ・ガバルドン(Gabaldon, Diana)「遥かなる時のこだま Ⅲ(AN ECHO IN THE BONE)」
Outlander #7
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Nominees HISTORICAL FICTION

4/20 二見ミステリ文庫
△シャロン・ペイジ(Page, Sharon)「(邦題未定)(ENGAGED IN SIN)」
RT BOOK REVIEWS 2011 Reviewers' Choice Award Nominees Sensual Historical Romance
△アイリス・ジョハンセン(Johansen, Iris)「(邦題未定)(EVERLASTING)」
Sedikhan #9

4/下旬 扶桑社ロマンス
△バーバラ・ピアス(Pierce, Barbara)「(邦題未定)(SCANDALOUS BY NIGHT)」
The Carlisle Family #4
△ノーラ・ロバーツ(Roberts, Nora)「(邦題未定)(SAVOR THE MOMENT)」
The Wedding Quartet #3


エマ・ワイルズ、すごいですね~~。
安心して読めそうなのはクレンツあたりですが、シェイン・ボルクスなんかも楽しみです♪

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/03/06 Tue 21:05 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |