FC2ブログ
「伯爵に真実のキスの作法」ローラ・リー・ガーク 
伯爵に真実のキスの作法 (ラズベリーブックス)伯爵に真実のキスの作法 (ラズベリーブックス)
ローラ・リー ガーク Laura Lee Guhrke

竹書房 2012-01-10
売り上げランキング : 72571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Girl-Bachelor Chronicles #4、さくさくと読了。
読む前は、デイジーが無邪気に人を振り回すタイプの苦手なヒロインかなーと危惧していたんだけど、意外に現実的でしっかりした女性だったので、その点はぜんぜんOKでした。
セバスチャンはちょっと野獣系?で私のタイプだったんだけど、いまいちキャラに厚みが無かったのがちょっと残念でした・・・
コカイン中毒から抜け出した過去が今の彼の人生を大きく左右しているんだけど、その部分の掘り下げがもう一つ足りないというか・・・彼の苦悩の様子がさほど迫ってこなかったかな~と。
そのため、ロマンス自体の切なさとか危うさがあまり感じられなかったのと、セバスチャンがデイジーへの愛に目覚める部分もちょっと唐突だったかな。
なんだか、後半部分はすごく急いでいる感じで、前半部分の丁々発止のやり取りから急にロマンスに転じてあれよあれよと・・・
セバスチャンとデイジー(特にデイジー)が男女としても人間としても魅力を感じ合う分岐点のようなものが曖昧で、お約束だから恋に落ちた感じが否めなかったのが残念です。
とまあ、シリーズ通じて一番印象的なのは、やっぱり1作目ですかね~。
あのキスシーンはほんとドキドキさせてもらいました!
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/31 Tue 20:32 】 | G | comment(0) | trackback(0) |
「ただ魅せられて」メアリ・バログ 
ただ魅せられて (ヴィレッジブックス)ただ魅せられて (ヴィレッジブックス)
メアリ ・バログ 山本やよい

ヴィレッジブックス 2012-01-20
売り上げランキング : 7313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Simply quartet #4、長い間かかって、ようやくフィナーレですね~!
そして、ベドウィン家の面々の登場など、バログの愛読者なら色々と楽しめる内容でした。
早く、フライヤのロマンスとウルフのロマンスが読みたいものですが、一体いつになるやら・・・?(笑)
さて、本作品の印象ですが、ロマンスの切なさやドキドキや熱さよりも、バログのストーリーテラーとしての力量を感じましたね~。
確かに、クローディアとジョゼフのままならない恋の行方は、大人な深みもあってじんわりと切なくて良かったのです。
でも、正直言ってシリーズの他作品のような焦燥感とか熱とか、は少なめだったのでは?
その分、リジーを取り巻く人々とのやり取りを通して、自分らしく生きることの本質を描いていて、純粋に物語として楽しめたと思います。
クローディアとフライヤとのやり取りや、ポーシャやチャーリーのどこまでも上流社会に染まりきった観念や、こっそりとクローディアの恋を応援しようとする女性陣や(笑)、そういう横糸が丹念に織り込まれていて、物語を最後まで面白くしてくれたと思います。
なんというか、あっと驚くような展開では無いのに、読む勢いが止まらないって感じでした。
それでもやっぱり、シリーズ4作の中ではどうしても大人し目な印象にはなってきますが・・・

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/29 Sun 20:47 】 | B | comment(0) | trackback(0) |
「彼女たちの麗しき恋事情」ローリー・フォスター&スーザン・ドノヴァン&ヴィクトリア・ダール 
彼女たちの麗しき恋事情 (MIRA文庫)彼女たちの麗しき恋事情 (MIRA文庫)
ローリー フォスター ヴィクトリア ダール スーザン ドノヴァン Lori Foster

ハーレクイン 2012-01-13
売り上げランキング : 29344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3作品読んで、それぞれの作家の今の勢いというか筆圧の差を、ひしひしと感じちゃいましたね~。


★「昼の顔、夜の顔」ローリー・フォスター
ドキドキさせてくれたのは最初だけ。
後はとにかくナタリーの自信の無さと後ろ向きな発言の数々にイライラし通しでした(笑)
ジェットよ、ナタリーの一体どこがそんなに良かったの??
展開も、休暇を過ごす場所までも嵐で辿りつかず、ワンコと妹たちとの掛け合いに終始してなんともお粗末。
いやね・・・大好きな作家だけに、ついつい厳しい感想になっちゃいます!

★「プライベート・バカンス」スーザン・ドノヴァン
久しぶりのスーザン・ドノヴァン、あの「ヒロインを一目見て椅子から転げ落ちるヒーロー」が印象に残っていたけれど、3作の中で一番ロマンスとアバンチュールの真髄を描いてくれて、とっても楽しかった。
ゲイルとジェシーが恋に落ちかける1日ガイドツアーでのやり取りと魅かれあう引力のドキドキ、そしてゲイルのキュートな涙・・・
大人な恋愛なんだけど、恋することの楽しさと熱を生き生きと描いていて、すごく心地よい読後感。

★「誰にも言わないで」ヴィクトリア・ダール
彼女の作品は、1作目のヒストリカルがどうにも受け付けなくて苦手意識がすごく強かったんだけど、この短編のおかげでその印象が払拭された!
嬉しい裏切りと、今後への期待を一番感じた作品かな。
とにかく、笑っちゃうくらい「趣味のあった」このカップルの熱々な様子が・・・いやもう、大好きです♪
SMとしての肉体的快楽より、その行為の内側の心理をちゃんと描いていて、とても興味深い。
こういう野心的な作品を書くダール、次のMIRA文庫作品も絶対読むぞ!と今から楽しみです。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/26 Thu 20:27 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
「漆黒の乙女の吐息に」コニー・ブロックウェイ 
漆黒の乙女の吐息に (ライムブックス)漆黒の乙女の吐息に (ライムブックス)
コニー ブロックウェイ Connie Brockway

原書房 2012-01-10
売り上げランキング : 13719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Winner HISTORICAL PARANORMAL
なんだか、ブロックウェイに対する新しいイメージが、また1つ加わった新鮮な作品でした!
あらすじを読んだだけだと、もっとじんわりとして落ち着いていながら濃厚なロマンスかなーと思っていたのですが、いい意味で裏切られた感じです。
とにかく、グレイの独白部分が笑える笑える!!
それも、軽快でスパイスが効いていて、バサっと一刀両断の言い切りっぷりが・・・楽しかったです♪
アメリーに対してもグレイに対しても、自分の不思議な力のことを秘密にしておかなければいけなファニーのもどかしさが、そこから生まれるユーモラスな展開と絡まって、最後までテンポよく読めた感じ。
アメリーが少し子供っぽくてイラっとくる部分はあったけど、まあ彼女の相手はヘイデンなんで、もう2人で好きにしてちょーだいって感じでした(笑)
一方のグレイとファニーのロマンスは、もう大人なしっとり具合と初々しいドキドキ具合がマッチして、楽しめました。
ファニーを信じたいけど信じきれないグレイの悶々とした様子が、妙に少年っぽくてキュートだったし。
胸が切なくなるというムードはないけれど、カラっとしていてグレイとファニーの掛け合いを楽しめるところが良かったかな。
しかし、読んでいる時は一気なんだけど、意外に読み終わってからの余韻は少なかったかも・・・(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/21 Sat 21:52 】 | B | comment(0) | trackback(0) |
「愛は劇場のかたすみで」ジェイド・リー 
愛は劇場のかたすみで (ライムブックス)愛は劇場のかたすみで (ライムブックス)
ジェイド・リー 原三美子

原書房 2011-12-09
売り上げランキング : 174127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お初作家のジェイド・リーの Wicked #1、あいたた、これはちょっと読むのが辛かった(笑)
小劇場の経営者シェールは、社会的地位が低かったために医者に騙された妹や母親の死のトラウマから、自分の子供たちに安心した将来を与えてくれるような上流階級に属する男性との結婚を望み、まだ若く落ち着きがあるとは言い難い貴族のキットの求婚を受け入れるけれど、キットの従兄のブランドンとの間に絆と情熱を感じていて、決して自分と結婚しようとしない彼を忘れようとしながら結局2人の間を行ったり来たり。
とにかく、ひたすらに展開が暗い・・・(笑)
暗いだけならいいけれど、じっとりと陰湿なムードが漂っている気がしてね~。
終盤のキットの病気やら、ブランドンの妻の病気やら、、、とにかく、じめじめと夢のない展開に辟易となりました。
苦しく切ないとは違う、希望を感じられないムードなんですよね~。
多分それは、結婚によって何としても社会的地位を手に入れようと、ありもしない希望を抱き続けてある意味まわりを振り回しているシェールに、ぜんぜん共感できなかったことも大きいかな。
意地悪で残酷な上流階級の面々の行動はもちろん頷ける部分はぜんぜん無いんだけど、一方そんな世界に固執して拒まれる度にグズグズとブランドンの胸で泣くシェールに、かなりイラっときました。
そして、そのブランドン自身も、妻としてインドの少女を止むに止まれぬ事情と高潔な心からとはいえ無理やりイギリスで暮させているわけでね・・・
この妻の問題の解決方法も、なんだか都合がいいというか、、、
とまあ、いろんな部分で納得するのが難しい展開だったわけだけど、ラストのあれも・・・(笑)
まあ、あっさり殺したんじゃ後味悪いのかもしれませんが、私にはどっちでもよかったかな(鬼)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/17 Tue 13:39 】 | L | comment(0) | trackback(0) |
【LoveBooks2011】UPしました♪ 
一応、読もうと思っていた2011年の新刊本をあらかた読み終えたので(笑)選んでみました!
しかし、昨年はなかなか読書する時間がとれず数をこなせなかったので、ジャンルを問わず海外ロマンス小説20冊ってことで・・・
興味のある方は、下記より覗いてみてくださいね。


「My Sweet Frog Prince」

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/15 Sun 20:03 】 | 更新記録 | comment(0) | trackback(0) |
「恋泥棒に魅せられて」ジュリー・アン・ロング 
恋泥棒に魅せられて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)恋泥棒に魅せられて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
ジュリー・アン・ロング 石原 まどか

二見書房 2011-11-21
売り上げランキング : 36811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジュリー・アン・ロングの久しぶりの邦訳、楽しみにしていました。
私だけかもしれませんが、期待の高い作品を読むのに結構気力を使うので、なかなか読み始められないことが多いんですよね・・・(笑)
ジュリー・アン・ロングも、彼女独特の雰囲気に浸るのに気合いを入れないといけないので(嫌々読んでいるわけでは決してないのに)年越しとなってしまいました。
そして、この作品でも恋が深まる過程を実に丹念に鮮烈に描いてくれて、満足度の高い読後感です。
ただ・・・私はこういう悪いという自覚のないままヒロインを振り回すヒーローがどうにも苦手なんで、ギデオンのことが好きになれたかというと、どうも微妙な感じです。
彼がそういう生き方を追い求めるバックグラウンドはとてもよくわかるし、そこからどうやって本当の自分自身を目覚めさせるのかがこの物語の醍醐味でもあるわけですが、自分自身の居心地悪い本当の気持ちに気づくたびにリリーを傷つける彼の行動は、読んでいてちょっと辛かったです。
なんだかんだと言い訳しながらも、結局はリリーと関係を持ち、挙句の果てに愛人として幸せにしたいと望む彼の言動は、リリーでなくても結構こたえるもんです(笑)
もちろんギデオンも、最後にはリリーがいなくては人生の意味が無いことに気づき、自分の傲慢な考え方を猛省するわけだけど、これからはもっともっと謙虚になりなさいよー!と言ってやりたくなる私です。
ギデオンとリリーの内に秘めた思いを、絶妙のタイミングでそうとは知らずに言葉にしてくれるキルマーティンの名脇役っぷりが秀逸でした!
それと、ラブシーンの甘さと熱、想いを深めるちょっとしたエピソードの数々が、やっぱりとても繊細で素敵でしたね~。
ジュリー・アン・ロングは、実に繊細な作家だな~と改めて感じました。
ただ、あまりにもストーリーが良くできていたので、先がわからないような高揚感はもう一つだったかも・・・です。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/11 Wed 00:39 】 | L | comment(0) | trackback(0) |
2012年2月の気になる新刊 
◎即購入
○思案中
△今のところ様子見

いつも通り、扶桑社ロマンスは2ヶ月分です。

2/2 扶桑社ロマンス
△ロレイン・ヒース(Heath, Lorraine)「(邦題未定)(JUST WICKED ENOUGH)」
Rogues and Roses #2
2007 RT's-Reviewers' Choice Award Winner BRITISH ISLE-SET HISTORICAL ROMANCE
◎リサ・マリー・ライス(Jennings, Elizabeth※原書の名義)「(邦題未定)(SHADOWS AT MIDNIGHT)」

2/9 マグノリアロマンス
◎シェリル・アン・スミス(Smith, Cheryl Ann)「花嫁学校は淑女になるために(THE SCHOOL FOR BRIDES)」
School for Brides #1
△ロビン・ケイ(Kaye, Robin)「ドクターと結婚しない理由(TOO HOT TO HANDLE)」

2/10 ラズベリーブックス
○ジュリア・クイン(Quinn, Julia)「すみれの瞳に公爵のキスを(SPLENDID)」
The Blydon Series #1
△リン・カーランド(Kurland, Lynn)「まぼろしの君は夢の中(MY HEART STOOD STILL)」
MacLeod #7
2001 RT's-Reviewers' Choice Award finalists BEST CONTEMPORARY PARANORMAL

2/10 ライムブックス
△リサ・クレイパス(Kleypas, Lisa)「火の鳥と幾千の夜を(PRINCE OF DREAMS)」
The Stokehursts Series #2
◎エロイザ・ジェームズ(James, Eloisa)「甘い嘘は天使の仕業(ENCHANTING PLEASURES)」
The Pleasures Trilogy #3

2/10 RHブックス・プラス
△ジェーン・フェザー(Feather, Jane)「海賊とこの風にのって(THE LEAST LIKELY BRIDE)」
Bride Trilogy #3

2/15 MIRA文庫
△キャサリン・コールター(Coulter, Catherine)「招かれざる公爵(THE GENEROUS EARL)」

2/20 HQプレゼンツスペシャル
◎ローリ・フォスター(Foster, Lori)「はぐれた愛に寄り添い(TRACE OF FEVER)」
Men Who Walk the Edge of Honor #2

2/20 二見ミステリ文庫
△リズ・カーライル(Carlyle, Liz)「(邦題未定)(A DEAL WITH THE DEVIL)」
The Lorimer Family Series #2
○リンダ・ハワード(Howard, Linda)「(邦題未定)(VEIL OF NIGHT)」

2/20 villagebooks
△ダイアナ・ガバルドン(Gabaldon, Diana)「(邦題未定)(AN ECHO IN THE BONE)」
Outlander #7
RT BOOK REVIEWS 2009 Reviewers' Choice Award Nominees HISTORICAL FICTION
◎カレン・マリー・モニング(Moning, Karen Marie)「(邦題未定)(SPELL OF THE HIGHLANDER)」
Highlanders #7

2/下旬 扶桑社ロマンス
△ノーラ・ロバーツ(Roberts, Nora)「(邦題未定)(BED OF ROSES)」
The Wedding Quartet #2
△ロクサナ・セント・クレア(St. Claire, Roxanne)「(邦題未定)(EDGE OF SIGHT)」
2011 RITA Finalists for Romantic Suspense


2月は、私としてはちょいと息抜きの月かも・・・
カレン・マリー・モニングが一番楽しみですね~♪

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/10 Tue 20:21 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
「気高き豹と炎の天使」ナリーニ・シン 
気高き豹と炎の天使 (扶桑社ロマンス)気高き豹と炎の天使 (扶桑社ロマンス)
ナリーニ・シン

扶桑社 2011-12-23
売り上げランキング : 3347

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新年明けまして・・・もう1週間が過ぎてしまいました!
御無沙汰でしたが、年末に読んだ作品のレヴューをようやく・・・(^^ゞ

The PSY-CHANGELING Series #4、だんだん調子があがってきた感じ~♪
3作目の解凍系ヒーロー:ジャッドはなかなか良かったけど、やはり私は獣系のほうが好き(笑)
チェンジリングの野生味と直観力に基づいた愛情表現が、いいですよね~。
そんな中、サイ社会の中でも反対勢力が台頭してきたり、更にはあくまでバイ・プレイヤー的存在だったヒューマンにも新しい可能性が生まれたり・・・
シリーズの世界観はどんどん深まり、ますます続きが楽しみです!
猫好きの私としては(まあ、毛皮の四足動物は大概なんでも好きですが)「大きな悪い猫ちゃん」のクレイの、傲慢で男っぽい行動に出ながらも、タリンに「なでなで」されて大喜びの姿が本当に楽しかったです。
とにかく、猫科の動物は、生意気なんだけど憎めないからね・・・(笑)
クレイとタリンの気持ちが、信頼の問題とかなんだかんだありながらも、最初から最後まで揺るがないところも、ストレスなく読めて良かったです。
タリンの原因不明の病気の正体も、すんなり納得できるもので、そのあたりも上手かったですね。
クレイとタリンの関係を軸にしながらも、シリーズで今後大いに活躍してくれそうなキャラが上手に配置されていて、楽しみが増えていく感じです。
シリーズ通しての設定や世界観がとても明確なんで、読む側もすんなりとその世界に入っていける、安心して楽しめるシリーズだなーと改めて実感です。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/08 Sun 20:07 】 | S | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |