FC2ブログ
「最悪で最高の恋人」クリスタン・ヒギンズ 
最悪で最高の恋人 (ラズベリーブックス)最悪で最高の恋人 (ラズベリーブックス)
クリスタン・ヒギンズ 佐竹史子

竹書房 2011-07-09
売り上げランキング : 4411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリスタン・ヒギンズの初邦訳作品、めっちゃ面白かった~~♪
ロマンスというか、Chick-Litですね~。
ヒロイン一人称のコンテンポラリー、これって結構私には当たり外れが激しいことが多いんだけど(内容によっては心情にあまりにもシンクロしすぎて辛くなってしまう・・・)これはOKでした!
もうね・・・笑ったわ~、ローレンストンの後にこれ、違う種類のユーモア満載で、笑った!
妄想の恋人ワイアットを出現させるグレイス、彼女の妄想癖って私も身に覚えがあるから、読みながら何度も「あるある~」って頷いてしまったわ。
結婚式を控えた恋人が、妹と恋に落ちる・・・しかも、自分に気を使って2人は何も行動を起こさない。
そりゃね~、可愛い妹を思うと身を切られる思いながら背中を押しちゃうし、更に自分に対して「私って出来た姉・・・」っていう自己満足にも浸りたい。
そして何より一番他の家族に憐れまれるなんてまっぴら!っていう心理、すごーくわかるもん。
グレイスがアンドリューと別れて初めてバッタリと出くわす場面の、彼女の上がったり下がったりのジェットコースターのような心の揺れ様とか、細かなところも同感!って感じでした。
笑えて、ちょっとホッコリしながらも、どこか痛々しさや切なさもある、そういう作品かな。
あ、ヒーローのキャラハンはめっちゃ男らしいです♪
グレイスに対するからかいや毅然とした態度も良かったし、何よりグレイスに夢中なことを全く隠さないところが・・・グレイスでなくても、女心を大満足させてくれました。
笑えるツボは本当にいくつもあったけど、私的にはグレイスの父母の密会?!シーン!!
大阪のオフィス街のビストロのカウンターで、ランチの後にマンゴージュースを飲みながら読んでたんですけど、思わず「ぐふっ」って変な音が出ちゃったわよ~。
もっとキャラハンとの甘く切ないやり取りが多かったら・・・という気もしないでもないけど、それもまた余韻を残すようでいいかもしんない、です。
セクシーで熱いのや、リージェンシーの社交界の描写に飽きたら、こういう作品がとても新鮮に楽しく感じられるかもね。
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2011/07/14 Thu 19:43 】 | H | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |