FC2ブログ
「光と闇のはざまで」クレスリー・コール 
光と<br />闇のはざまで (ソフトバンク文庫)光と闇のはざまで (ソフトバンク文庫)
クレスリー・コール Kresley Cole 松井 里弥

ソフトバンククリエイティブ 2011-06-21
売り上げランキング : 6232

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Immortals After Dark #6、レヴューを書くのがずいぶん遅くなってしまいました!
悪ヒロインか~とか言いつつなかなか読みだせなかったわりに、なんの問題もなく、いやいや思いっきり楽しんで読みました!(笑)
もうね、、、サビーネのキャラ設定が最高でした♪
手癖悪いわ口は悪いわ、暴力的で嘘つき・・・なんだけど!どっか1本筋が通っているというか、裏表がない(いや嘘つきなんだけど・笑)ところや自分なりのポリシーに揺るぎが無いところ、そういう部分がすかっと気分良かったですね~。
それでいて、自分の過ちにを素直に正せる柔軟性もありで、ライドストロムのように強い王にはこれくらい強い女王が必要よね~、そうでなくちゃ!!と嬉しくなっちゃいますね。
ライドストロムは、その優等生的な表面とウラハラに、実はいけない願望があんなことこんなこと・・・(笑)
そういう彼もまた、自分の弱さや間違いに向き合えることばできる、まっすぐで誠実な男だったな~。
この2人、なんかもうお似合いすぎて・・・シリーズの今までで一番しっくりくるカップルな気がします。
前半部分のムンムンした「じらし」の描写はとってもセクシーであり、後半部分のサビーネとライドストロムの心の交流はどこかほのぼのとした感じでほんわか暖かく、それでいてクスっとさせてくれるスパイスももちろんあり、最初から最後まで一気読みさせる力強い展開で本当に面白かったです。
ニクスのTシャツコレクションにも、ほんまに笑ったし!
あと、「妹の入り口云々」発言、これももー超可笑しい!コールのこういう小技が、本当に好きだな。
1点だけ注文をつけるとすれば、オモートの最後がちょっとあっけなかったか、くらいな感じでしょうか。
なんか書きたいことはイロイロあったんだが、何せちょいと時間がたってしまって・・・まあ、皆様読んだらこの面白さはわかりますよね!(笑)
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2011/07/02 Sat 21:25 】 | C | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |