FC2ブログ
「許されざる愛」トレイシー・クーパー・ポージー 
許されざる愛 (ソフトバンク文庫 ホ 3-1)許されざる愛 (ソフトバンク文庫 ホ 3-1)
田辺 千幸

ソフトバンククリエイティブ 2008-08-18
売り上げランキング : 3859

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


初作家さんはなるべく読む・・・なんですけど、うーーん、ほとんど印象に残らない読後感です。
この作品はスピンオフ、あるいは続編があるの?
なんだか、奥歯に物がはさまったようなラストでして・・・。
ニックとカリーの出会いから、パーティーでの再会あたりまではなかなかセクシーで盛り上がりを予感させる展開だったんだけど、なんというか設定の割りには話が発展しないというか平凡だったかな~。
ミニーとデュアルドのロマンスも、あまりにも紋切り型で、なんだか全体的に新鮮味が薄かった感じです。
それならそれで思いっきり熱かったりするとまだいいんだけど(笑)それほどでも無く・・・という、全てにおいて印象の薄い作品、でしたね~。
スポンサーサイト



テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/31 Sun 21:39 】 | C | comment(4) | trackback(0) |
「真夜中を過ぎても」シャノン・マッケナ 
真夜中を過ぎても (二見ザ・ミステリコレクション マ 14-5) (二見文庫 マ 14-5 ザ・ミステリ・コレクション)真夜中を過ぎても (二見ザ・ミステリコレクション マ 14-5) (二見文庫 マ 14-5 ザ・ミステリ・コレクション)
松井 里弥

二見書房 2008-08-20
売り上げランキング : 934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


McCloud Brothers Series #4、読み終えてからレヴューが遅くなってしまったわ。
600頁以上の長編だったけど、シリーズの今までの中で一番テンポよく最後まで突っ走って読めた!
まさに、週末一気読みで気がつけば夜遅くなっててビックリ(笑)
シリーズの今までを振り返ってみると、1作目:セス&レインではまずその熱い描写にぶったまげる心の準備が出来ていなかったので、どこかおっかなびっくりに読み終えた。
2作目:コナー&エリンは、しつこいくらい言うけれどいまだに私の中のロマンスTOP3から外れることはないくらい、ロマンス部分にはもう堪らない偏愛を抱いているんだけど、サスペンス部分はこの頃のタマラの出番部分にイマイチ納得できなかったり。
3作目:デイビー&マーゴットでは、サスペンス部分で悪役がどうもしっくりこずに最後は結構流して読んだ感じ。
で!このショーン&リヴの4作目は、サスペンスとたくさんの登場人物の動きがすごく上手くミックスして動いてくれて、ストーリーとしては今までで一番の完成度だと思える。
あ、まあ、ここまでシリーズを読み続けて人間関係がすっかり頭に入っているから、とも言える?
ショーンは、最初から最後までショーンのままだったな~!
セス、コナー、デイビーと、おっ以外にこんなになっちゃうのね恋すると~なんて変化を楽しめたんだけど、ショーンの場合はいい意味でずーっとイメージ通りのショーンでいてくれて、嬉しかった♪
はっきり言って多少暑苦しいくらいの恋人になるショーンに対して、リヴがもうひとつ没個性だったのが残念なところかな。
15年も一途に思い続け、どれだけ女をものにしても決して忘れられなかったリヴの魅力って、結局なんだったんだろ?って正直思ったけど、まあ、ショーンが幸せならいいのよ、私(爆)
そんなメインのロマンスの横で、メイン以上に気になってページを繰る手が止まらなかったのは、やっぱりマイルズの成長ぶりでしょ!!
ああーーー、マイルズ、シンディでいいのか本当に・・!!?(笑)
シンディなんて、結局最後まで頭の中身の薄さを露呈していただけなのに・・・まあ、これもマイルズがいいなら許す・・・(再)
それにしても、じっくり計3作を通じてマイルズはいい男になったね~。
なんつーか、変にきばったところのない、等身大の自分自身を理解した素敵な若造になってくれちゃって・・・。
今まで報われなかった分、シンディにたっぷり愛されて欲しいもんです。
その他、愛しいコナーはなんだか落ち着きさえ感じられ、デイビーは可愛いことで悶々と悩み、セスは相変わらずクールで格好いい!!♪
そして、ケヴィンは・・・??そうなの?そういうことなのー?
と、かなり期待を持たせつつ、次作はニックでちょい休憩って感じでしょうか。
何にせよ、早く次作の邦訳をお願いします!!
その前に、原書読んじゃおうかな。
はーー、とりあえずの一区切り?大満足の1冊でした♪
あ、惜しむらくはエリン母の活躍が今回はなかったことでしょうか?早くハワイから帰ってきてね~!(大笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/27 Wed 20:14 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
「願いごとをひとつだけ」ローリ・フォスター 
願いごとをひとつだけ (ヴィレッジブックス F フ 6-7)願いごとをひとつだけ (ヴィレッジブックス F フ 6-7)
ローリ フォスター

ヴィレッジブックス 2008-08-20
売り上げランキング : 1564

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロリさん2冊目の、完読できずの作品になるかと・・・いや、かなりの飛ばし読み・・・
はっきり言うと、つまんなかった(笑)
短編集以外、このところの邦訳数作品は、正直どれもイマイチだなーと思っていたけど、これは決定的にローリ・フォスターの作風の限界を感じてしまう内容だった。
私をロマンス小説というジャンルにどっぷり漬かるきっかけを作ってくれた、大好きで特別な作家だけに、この辺のレベルでウロウロされるのは辛いです。
「秘めやかな約束」のユーモラスで熱くて胸がきゅーんとなるような切ないロマンスは、いずこへ?
それなりではあるんですよ、でもでも、中途半端なんだよなー、熱さもユーモアも!
もう、とことんやっちゃってくださいよ!と声を大にして言いたい!!
それと、訳者さんの感性が私にはイマイチ合わなかったかなー。
原書の雰囲気を尊重しているんだと思うけど、それにしてもこんな日本語でずーっと語るのかい、この頃は??
うーーん、正直レビューにも何を書こうか、と思ってしまうわ。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/25 Mon 21:09 】 | F | comment(0) | trackback(0) |
「一度の夏では足りなくて」スーザン・ウィッグス 
一度の夏では足りなくて (MIRA文庫 SW 1-6)一度の夏では足りなくて (MIRA文庫 SW 1-6)
宇丹 貴代実

ハーレクイン 2008-08-15
売り上げランキング : 51934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


某サイトで「ホット度0」とあったので、ふーーん、と思っていたら、その通り0でした(笑)
ロマンス小説というより、ファミリードラマのよう・・・。
JDとケイトのやり取りにドキドキさせられる部分も多少はあるんだけど、わざわざ熱いシーンは省いたのね、という感じの作風に読み手としてはちょっとがっかり。
熱いのが苦手な方にはむいていると思うけど。
あと、JDの心理描写が微妙に途切れ途切れというか、その気持ちの変化は何故?みたいな行動が結構多くてね~。
それと、基本的に犯罪捜査等々の事情が無い場合の「隠し事」をしたままのロマンス進行がどうも苦手な私には、わかっちゃいるけど、なJDの秘密の発覚とケイトの悲嘆ぶりが、うーーーん、好みじゃないっす(笑)
というマイナス部分はあれど、カリーとアーロンの成長と変化の物語部分はとても興味深く、ロマンス部分よりもよっぽど心理描写が巧みだったような気がするな。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/24 Sun 21:55 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
「誇り高き血」リンダ・ラエル・ミラー 
誇り高き血 (MIRA文庫 LM 1-2)誇り高き血 (MIRA文庫 LM 1-2)
佐野 晶

ハーレクイン 2008-08-15
売り上げランキング : 6332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1作目よりは面白く読み終えました。
どっちかというと頭の固いランスと、コケティッシュな魅力溢れるエコーは、なかなかのナイスカップルだわ~。
駐車場でランスを轢きそうになったエコーとのコミカルでありながら情熱を予感させる出会いのシーン、互いのキャラが上手に描写されていて、印象的。
ランスが抱える鈍い痛みの理由も、納得できるし共感できる。
そしてエコーが抱える孤独感もくどくなることなく自然に表現されている。
だから、ヒーロー&ヒロインにすんなりと寄り添えて読み進めることができた感じ。
あ、それと多分ジェシー、ランス、キーガンの3人の中でランスが一番私の好きなヒーロータイプだったのもあるかな。
まあ、そうは言ってもハラハラやドキドキ感はちょい薄め、セクシー度もかなり薄め、そういう熱い作品が好きな人(私も含めて)にはやや物足りないだろうね。
これがリンダ・ラエル・ミラーの作風なのかな?
ともあれ、ラストのキーガンのロマンスも読み続ける予定。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/21 Thu 20:04 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
「EXTREME DANGER」シャノン・マッケナ 
Extreme Danger
Extreme Danger

先日届いたマッケナの新作、出だしだけをちょっと読み出したら・・・
おおっ!うっかりしていたけど、これってば McCloud Brothers Series になるんじゃないですか?!
冒頭のショーンの婚約パーティ?のシーン、コナーとエリンの4ヶ月の息子も登場♪
その名は・・・涙。
ヒーローはコナーのかつての同僚ニック・・・
こいつって確かコナーのことを信じきれないようなセリフをエリンに吐いたあいつだわね~(笑)
タマラ姉さんも登場、そして気になるあのカップルの現状もあり、二見さんには早々にがんばって出版していただかなくては!!

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/18 Mon 20:47 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
「恋はあまりにも突然に」スーザン・ドノヴァン 
恋はあまりにも突然に (二見文庫 ド 1-1 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 ド 1-1 ザ・ミステリ・コレクション)恋はあまりにも突然に (二見文庫 ド 1-1 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 ド 1-1 ザ・ミステリ・コレクション)
旦 紀子

二見書房 2008-02-29
売り上げランキング : 78467

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


積み残していた新刊を読了、すごく面白かったです♪
コミカルなロマンス映画の佳作のような・・・でも、いい子すぎない遊びやお下品なジョークもほどほどにあって、情熱だけじゃない大人なコンテンポラリー作品という感じでした。
サムとジャックのやり取りも、すごくシンプルだけどツボを押さえてあって、熱烈なんだけどセクシーな中にも笑いがあるところ、すごくリアルな感じが良かった。
特に、ジャックが初対面で椅子に座り損ねてすっ転ぶシーン、上手い!
他にも初めてのラブシーンでジャックが言うセリフも飾らずに赤裸々なんだけどなんだかキュートだし、惹かれまいとしながらついついジャックを見つめるサムの様子も可愛い。
サムが等身大で、生身の暖かいシングルマザーって感じが上手に表現されていたのも良い。
あんまり疲れすぎててもがっかりだし、あり得ないくらいセクシーでも??、でしょ?(笑)
その辺の匙加減がちょうどよかった。
一方のジャックは、ハンサムでセクシーで女性を振りまくった過去は好みじゃないけど、サムを好きになった時点で許そうかと思えるのは、ちょっと甘い??
まあ、振った相手のクリスティをここまで嫌な女にしてくれていたら、同情もわかないんで・・・(爆)
で、そんなクリスティと自分を比べて、「そんな人に惹かれた男が自分にも惹かれるなんてことがあるのか?」とサムが自問自答する場面が、妙にウケました。
そうそう、そういうことあるよねー。
別れた相手が自分とは絶対に友人になりそうもない女性と付き合ったりすると、呆然としませんか~?(大笑)
そんなこんな、現代のリアルな恋愛事情を夢物語に練りこんでくれた、なかなかの作品だと思います。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/17 Sun 11:50 】 | D | comment(0) | trackback(0) |
「あなたの牙はご機嫌ななめ」キャシー・ラヴ 
あなたの牙はご機嫌ななめ (フローラブックス ラ 1-2 恋するヴァンパイア 2)あなたの牙はご機嫌ななめ (フローラブックス ラ 1-2 恋するヴァンパイア 2)
杉浦 よしこ

ぶんか社 2008-08-05
売り上げランキング : 3946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前作でも多少思ったことだけど、この内容なら200頁くらいにまとめられるのでは?!(笑)
そして前作はヴァンパイアの記憶喪失という設定の面白さと、ヒロインの天然キャラの可愛さでまずまず読ませてくれたところが、今回は・・・さすがに厳しかった気がしますね~。
クリスチャンが・・・暗い(笑)
たとえ振るいつきたくなるくらいハンサムでも、こんなわけわからん相手に惹かれる理由は??
もちろん、運命の出会いってことなんでしょうが、自分でもどうすればいいかわからないクリスチャンの行動に、あんまり魅力を感じられなかったです。
自暴自棄なのはわかるけど、ライラの事であんまり成長した感じが無かったので、共感の度合いも低めになっちゃいますね。
ヒロインのジョリーも平凡。ってかこれまたどちらかと言うと卑屈な・・・(笑)
いくらなんでも、もう少し魅力的な描写にして欲しかった気がします。
場末の女オーナーでもこんなに魅力的!というエピソードが、カラオケ以外でもあってよかったのでは?
前作は記憶喪失ということでほとんどが屋敷内での展開だったのは仕方無いとしても、今回もジョリーのバーとトレーラー・ハウスだけが舞台というのはどうなんでしょう・・・。
こうなったら、セバスチャンで弾けてくれることを期待します。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/14 Thu 09:56 】 | L | comment(0) | trackback(0) |
「騎士から逃げた花嫁」リン・カーランド 
騎士から逃げた花嫁 (竹書房ラズベリーブックス) (ラズベリーブックス カ 1-2)騎士から逃げた花嫁 (竹書房ラズベリーブックス) (ラズベリーブックス カ 1-2)
旦 紀子

竹書房 2008-08-09
売り上げランキング : 313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


650ページ弱の長編、一気読みしました。
いやー、面白かったです、堪能しました!
長くても全然気にならなかったわ。
最初、ヒロイン:エレオノールのキャラがイライラさせる言い訳女かと危惧していたけど(爆)ぜんぜんそんなことも無く、むしろ自らの機転と行動力で人生を切り開こうと奮闘するわりに、問題の渦中へ飛び込んでしまう「トラブル体質」がなんとも可笑しくて!!
アンリという名の騎士としてなんとか自分を隠そうとするあたり、執拗なエティエンヌのイジメにも必死に食い下がるところは、かなり根性が座っていて天晴れな感じ。
男になってまで逃げ出したコリンの元へ何の因果か身を寄せることになり、コリンの無骨さの影に隠れた繊細さや優しさ、幼少時代の苦労や屈折した心を間近で感じることによって、彼女の心がどんどん変化していく様子がこの長さでもちょうどいい感じでじんわりと進むところがよかった。
いろんなエピソードが少しずつ盛り込まれていて、単調にならずにエレオノールとコリンがいっしょに成長して感化されあっていく様子が、楽しかったですね。
さてさて、醜く獰猛という噂でことごとく花嫁に逃げられたコリン、期待に違わぬ、いや期待以上のツボヒーローでした、私には(笑)
なんだかんだと言い訳して断ってくる花嫁のことを鼻で笑いながら、実は繊細なハートで深く傷ついているところ。
クリストファーがいいように飼いならされている様子に憤慨しながら、妻と子を心から愛してみたいと願っているところ。
エレオノールの正体を知って侮辱されたととることもなく、天晴れな行動力に「この女こそ!」と思う目の高さ(笑)
もちろん、相変わらず身なりには一切かまわず強引で強情なわけだけど・・・だからこそ、エレオノールのためにお風呂に入ったり言葉使いを気にしたりするところが、なんとキュートなことか。
ちょっと、反則的よね、こんなに無骨なのに可愛いなんて。
かなり終盤までお互いの気持ちを確かめることができない2人だっただけに、ラブシーンがかなりあっさり目だったのが唯一残念!
まあ、この2人だからそれはそれでなんだか納得なんだけど、コリンがメロメロになって甘い言葉を吐くところなんてのも、すごく読んでみたかったのにな~!
コリンが「自分はそんなに女性経験が無い」って告白するあたり、ああ、またやられたわ可愛いわーとイチイチ思ってしまう私。
何度も言うように、ハンサム&モテモテヒーローより強面個性派ヒーローが好きな私には、まさにぴったりのコリンなのでした。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/13 Wed 21:57 】 | K | comment(0) | trackback(0) |
「恋の予感がかけぬけて」エリン・マッカーシー 
恋の予感がかけぬけて (ライムブックス マ 1-2)恋の予感がかけぬけて (ライムブックス マ 1-2)
白木智子

原書房 2008-08-09
売り上げランキング : 2461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エリン・マッカシーの短編集、Bad Boys ものってことで、セクシーで楽しめました。
こういう肩の凝らないものが間にくると、長編もペースがあがる感じです。


「ホット・メール」
熱さというか展開のホットさはこれが一番だったかな。
生真面目な表面の下に情熱を秘めたキンドラと、そんな彼女にメロメロになるハンサム君マックがキュートでした。

「素直になって」
うーーん、ちょっと設定が強引かなーとは思うけど、ジャレッドのあまりの妄執ぶりが可笑しい(笑)
自制心ふっとばしてスカートの中をかがんで見るってのは・・・本人も言う通りほとんど変態じみていて、笑えたなー。

「チャンスをもう一度」
お互いを親友以上に思っていながらなかなか言い出せない2人というのは、私的にかなり好みの設定。
でも、もう少しスムーズに一線を越える設定だったら良かったけど、まあこの頁数なら仕方ないのか。


3作共、ヒーロー&ヒロインの暴走する妄想がかなりおかしい!!
かなり際どいセクシーなボケも、いい感じ。
前出の長編ではちょっとのれなかったけれど、これはなかなか好みでした。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/12 Tue 23:35 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
「七年後の恋人」スーザン・ブロックマン 
七年後の恋人 (ランダムハウス講談社 フ) (ランダムハウス講談社 フ 6-3)七年後の恋人 (ランダムハウス講談社 フ) (ランダムハウス講談社 フ 6-3)
林 啓恵

ランダムハウス講談社 2008-07-10
売り上げランキング : 2057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイムトラベルものはイロイロあるけれど、タイムトラベルという仕組みそのものに非常にこだわって理論的に組み込んだ作品として、なかなか興味深かったですね~。
タイムトラベルで別の世界に飛ばされるという一方向の動きに、過去の自分に対峙して更に愛する女性が絡んでくるという・・・や、ややこしい!
この設定自体が、ブロックマンの意欲を感じられて面白かったし、少ない頁数ながら上手にまとめて読ませてくれたと思います。
ただどうしてもその分ロマンス自体の緊迫感は薄れてしまった、かもね。
マギーがやがてチャールズを愛するようになるという流れも自然で納得できたし、チャックもチャーリーもそれぞれに魅力的なヒーローで、3人がそれぞれお互いを思いやっていて切なかったですね。
タイムトラベルものもあんまり得意じゃない私には、波にのるまでちょっと時間がかかってしまったけどね。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/11 Mon 22:18 】 | B | comment(0) | trackback(0) |
「あなたのすべてを抱きしめて」リサ・クレイパス 
あなたのすべてを抱きしめて (ライムブックス ク 1-13)あなたのすべてを抱きしめて (ライムブックス ク 1-13)
平林 祥

原書房 2008-07-10
売り上げランキング : 4236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ほんと、やっぱり順番通りに出して欲しかったです・・・。
ってか、こんなに早くこっちが出るなら、デレクを読むのをお預けにしたかった。
リリーはほぼ同じ感じだったけれど、アレックスの印象がずいぶん違ったのでね~。
Dreaming of You では、すっかり優しい夫のイメージだったのだけれど、やはりそこまでの道程は長くて曲がりくねっていたのね(笑)
1/4あたりまでは、なんだかちょっと古いRでも読んでいるような、エキセントリックなリリーの描写だったんだけど(ここでちょっとひいてしまう方も多いでしょうね)その後のアレックスとの遣り合いのあたりからだんだんクレイパスらしさが出てきたなーと。
確かに古い作品なんで、テンポが良いとは言えないんだけど、メリハリはつけられていて読ませる感じはあったと思う。
ただやっぱり、後々の作品に見られる遊び心というか余裕のようなものは少なく、ストーリーを展開させるので手一杯というところも感じられましたね。
それにしても、どの作品もハズレない(「とまどい」以外は)ところが、さすが@@
あと、この頃からすでにラブシーンの上手さは格別だなーと。
特別に挑発的な描写や扇情的な設定も無いのに、とにかくあっつーって感じにドキドキさせる間合いの上手さ、少ないのに効果テキメンなセリフ・・・。
ヒーローとヒロインの心理描写の入れ替わりも実にスムーズで、流れにのって盛り上げていく感じは安心して読めるし納得できる感じですね。
さて、クレイパス作品が続々邦訳されているので、残り少なくなってきたけれど、次はいったいどの作品か?
このまま、リンリー医師のAnthology・・・ってことは無いか(^^;
いや、デレクの親バカぶりを読みたくないですか??(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/06 Wed 21:12 】 | K | comment(0) | trackback(0) |
「黒き戦士の恋人」J・R・ウォード 
黒き戦士の恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 ウ 7-1 ザ・ミステリ・コレクション)黒き戦士の恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 ウ 7-1 ザ・ミステリ・コレクション)
安原 和見

二見書房 2008-07-18
売り上げランキング : 2055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


世間的には評判いいらしいこの The Black Dagger Brotherhood Series 1作目・・・。
えっと、いきなり不穏な出だしだからって、メッタ斬りするつもりではないんですけどね。
ただ~~~、ラスってそんなに魅力的なの??
すみません、私的には、ちっとも、なんですよ残念ながら。
むしろ途中までは嫌だわコイツって思ったくらい(笑)
やっぱり、マリッサに対する態度が、本人も自己嫌悪するくらい正直すぎてあんまりにも思いやりが無い感じが、ダメ。
嘘でも優しくしろとか思いませんが、あんまり正直に男の打算的な胸の内を描写されちゃったら、盛り上がれないのよね。
ラスだって、愛する人たち、ましてや運命的に出会った愛する女にはトコトン誠実さをみせることはわかっているのです。
ただ、「それ以外」に分類された人たちは、いくら慕っても決して報われないんだなーと思うと、物悲しい気持ちがするのよ・・・。
なんか、キャパが小さいって感じがしちゃって。
まあ、マリッサもどっちか言うと(いや、かなり?)ウジウジしてイライラさせられるキャラではあるけど(笑)
マリッサに対して結構な態度をとって「しまった~~」と反省しながらも、その夜にはベスとの食事のためにいそいそしてやたら盛り上がっているのも、なんか嫌だった(爆)
私、最初の印象がよくないといつまでも引きずるタイプなのよ~。
ところが!!ブッチ登場で、場は見事に盛り上がってくれました♪
いやもう、ラスより断然ブッチ~~~~♪
自分では感情の壊れた抜け殻のように言いながらも、フラれた女の身の安全をトコトン心配してくれるとこなんて、格好いいじゃないか!
そんなブッチが、マリッサに一目惚れ・・・、フラれた者同士で情けなくなんかないぞ!あんたたちお似合いです!(笑)
ちょうどタイミングよくRITA賞で「Best Paranormal Romance」Winnerとなったのが、まさにそのブッチのロマンスなので、今から待ち遠しいわー。
シリーズ1作目として、その世界観が既にきっちり出来上がっていて、今後の作品も楽しみです。
ただ、、、ミスターXがあんまりにも情けなかった。
超人的すぎる悪役もつまんないけど、こんな用意周到なのに肝心なところでは不発というのも。盛り上がらないぞ。
だって、ベスに頭割られて半死なんだよね・・・くすっ。
今後も彼が悪役として活躍するのかなー?

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/04 Mon 20:38 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
9月の気になる新刊【追加】 
9月の新刊情報にライムブックス、villagebooks、扶桑社が加わったので、追記しておきます。


★コニー・ブロックウェイ(Brockway,Connie)「宿命の絆に導かれて(THE RECKLESS ONE)」ライムブックス
McClairen's Isle #2 でしょうね。

★キャロライン・リンデン(Linden,Caroline)「子爵が結婚する条件」ライムブックス
シリーズものの1作目だとすると、「WHAT A WOMAN NEEDS」?

★アマンダ・クイック(Quick,Amanda)「満ち潮の誘惑(RAVISHED)」villagebooks

★キャスリン・カスキー(Caskie,Kathryn)「邦題未定(RULES OF ENGAGEMENT)」villagebooks

★ソフィ・ジョーダン(Jordan,Sophie)「結婚式の夜は昔(仮)」扶桑社ロマンス
タイトル的には、原書は「ONCE UPON A WEDDING NIGHT」かな。


おっと、全てヒストリカルですね~。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/04 Mon 14:24 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
今月のソフトバンク文庫 
トレイシー・クーパー・ポージー「許されざる愛」の原書はこちら。
なにやら、すっごーーーく熱そう。
あそこから出てますから(笑)
WEB SITE によると、ヒーローのイメージはアントニオ・バンデラスとか・・・あつっ!!


Red Leopard
Red Leopard

ソフトバンク文庫では出版記念としてEllora's CaveのTシャツプレゼントとかやるそうです。
世間的に知っている人は僅少だとしても、お外に来て行く勇気はありません。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/01 Fri 22:16 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
9月の気になる新刊 
ライムブックスとvillagebooksが不明ですが、9月の新刊で気になるところは↓あたり。
だんだん、読める範囲で見切りをつけれるようになってきました・・・(笑)
9月は原書が判明しているのが大半なので、わかり易いです。
特に楽しみなのは、エマ・ホリーとロレッタ・チェイス。
エマ・ホリーは、あの!続編ですよね・・・?
ロレッタ・チェイスは、新たなシリーズ、しかも3作目・・・・って、どうなの??


★アン・グレイシー(Gracie,Anne)「ラストワルツはあなたと(THE PERFECT WALTZ)」フローラブックス
The Merridew Sisters Series #2

★エマ・ホリー(Holly,Emma)「じゃじゃ馬令嬢に美しい罪を(BEYOND SEDUCTION)」ラズベリーブックス

★シェリリン・ケニヨン(Kenyon,Sherrilyn)「暗闇の王子―キリアン(NIGHT PLEASURES)」ラズベリーブックス
Dark-Hunter Series #2

★コニー・ブロックウェイ(Brockway,Connie)「宿命の絆に導かれて(THE RECKLESS ONE)」ライムブックス
McClairen's Isle #2 でしょうね。

★キャロライン・リンデン(Linden,Caroline)「子爵が結婚する条件」ライムブックス
シリーズものの1作目だとすると、「WHAT A WOMAN NEEDS」?


★リンダ・ラエル・ミラー(Miller,Linda Lael)「遙かなる心(McKETTRICK'S HEART)」MIRA文庫
McKettrick Series

★スーザン・エリザベス・フィリップス(Phillips,Susan Elizabeth)「愛と絆につづく道 上・下(HOT SHOT)」MIRA文庫

★シンディ・ジェラード(Gerard,Cindy)「夜空に響く声(OVER THE LINE)」ソフトバンク文庫
The Bodyguards #4

★ビバリー・バートン(Barton,Beverly)「イヴが眠りにつくまで(RAINTREE: SANCTUARY)」HQスポットライト・プラス

★アマンダ・クイック(Quick,Amanda)「満ち潮の誘惑(RAVISHED)」villagebooks

★キャスリン・カスキー(Caskie,Kathryn)「邦題未定(RULES OF ENGAGEMENT)」villagebooks


★ロレッタ・チェイス(Chase,Loretta)「邦題未定(LORD OF SCOUNDRELS)」二見ミステリ文庫
Previous Series #3
1996 RITA Best Short Historical Romance

★バーバラ・フリーシー(Freethy,Barbara)「邦題未定(DANIEL'S GIFT)」二見ミステリ文庫
1997 RITA Best Contemporary Single Title

★ソフィ・ジョーダン(Jordan,Sophie)「結婚式の夜は昔(仮)」扶桑社ロマンス
タイトル的には、原書は「ONCE UPON A WEDDING NIGHT」かな。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/01 Fri 14:33 】 | 読書あれこれ | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |