FC2ブログ
HPをちょこちょこと・・・ 
HPの「notes」をこのGWの間にアップしたいと思い、ちょこちょこと書き連ねてはいるのだけど・・・
なかなか(^-^;
がんばりま~す♪

更新:「notes」オープン♪気まぐれに更新予定・・・
スポンサーサイト



【2006/04/29 Sat 19:45 】 | 日々のあれこれ | comment(0) | trackback(0) |
「ロザリオとともに葬られ」 
ロザリオとともに葬られロザリオとともに葬られ
リサ ジャクソン Lisa Jackson 富永 和子

ソニーマガジンズ 2004-08
売り上げランキング : 159,528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なかなか長編で、読み応えがあって手こずってしまいました(笑)
途中まで、ヒーロー&ヒロインのロマンスにこっちがあまり熱くなれずにいたけれど、ヒーロー:タイがヒロイン:サマンサに正体がばれて素直に悔いるあたりから、いい感じでヒートアップしていく感じ。
サスペンス&謎解きは、いい線いっているけど後一押し、かな?
犯人が残り1/3あたりで目星がついちゃうので、あとはサスペンスを楽しみながら一気に最後まで読み終えました。
ただね・・・タイもサマンサも、どっちも強烈な個性に欠けるかな。タイは、単なる色男の領域を出ていなくてちょっと残念だし、サマンサは自分が狙われているのに最後まで結構頑固でね(^-^;
それよりも、ニューオーリンズ警察のベンツ&モントーヤ刑事のコンビのほうが、ずっと魅力的だったかも。特に、ベンツ~~♪大学生の娘を持つやもめの40男、ちょっとくたびれいて渋くていいな~。
で、期待に違わず次作はベンツがヒーローだって!今からすごく楽しみ。解決しない殺人事件も、絡んでくるのか??

更新:「books」ジェイン・アン・クレンツ、アマンダ・クイック、バーバラ・デリンスキー、アン・スチュアート、シャロン・サラ、デビー・マッコーマー、リサ・ジャクソン、ゲイル・ウィルソン

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/27 Thu 20:11 】 | J | comment(0) | trackback(0) |
「禁断のリング」 
禁断のリング禁断のリング
アマンダ クイック Amanda Quick 実川 元子

WAVE出版 2000-07
売り上げランキング : 34,917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館で偶然見かけたこの本、早速読みました♪
謎のリング&アフロディーテ像をめぐっての謎ときが背景にあるんだけど、"怪僧"と呼ばれる40歳(成人しそうな2人の子持ち)のレオと、30歳の未亡人ベアトリスの恋模様がセクシーに描かれていて、一気読み。ベアトリスが流行ホラー小説の覆面作家という設定が、おもしろい。レオがそうとは知らずホラー小説をこき下ろす場面は、エピローグに続く伏線で、笑ってしまう。ベアトリスに夢中で、それをはっきり口にして求めるところや、若い男がベアトリスに近づくと少年のように嫉妬するところとか、セクシーな男盛りだけに可愛いんだなー!
お互いに幸せとは言えない短い結婚生活の後、長い孤独な時期があっただけに感電したみたいに反応しあう様が、なんとも言えずセクシーでよろしい(笑)ハーレクインのようなラストだって、なんだか許せてしまう気がするな~。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/23 Sun 20:43 】 | Q | comment(0) | trackback(0) |
「甘美な報復」 
甘美な報復―孤高の鷲甘美な報復―孤高の鷲
ゲイル ウィルソン Gayle Wilson 黒木 恭子

ハーレクイン 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


孤高の鷲シリーズ、まだまだ続くのね~。
この作品、これまた裏表紙のストーリーが内容と全く噛み合っていないことに苦笑・・・
「エリザベスは誓った-報復という名のゲームを始めることに」
って、そんなことヒロインは全然決意してないと思うんだけど~(^-^;
タイトルだけとると、かつて死に追いやったテロリストがヒーローの前に再び現れて・・・という内容には合っているんだけどね。
と、そんなどうでもいい話はさておき(爆)大人の男女の心の葛藤が、セクシーさを抑えた中で展開されていて、なかなかよかったです。
が、やはりシリーズもここまで進むと少し新鮮味が欠けてくるのも否めない感じだな~。
ともあれ、PTSDに苦しむレイフを、ただ後ろで支えるだけじゃなく正面から挑もうとするエリザベスの強さに拍手!強い女は、格好いいです♪

図書館に本を返却したついでに、海外文学の書架でブラブラ。
まさかあるわけないと思いつつ、何気なく探していたら、あった!
アマンダ・クイック「禁断のリング」!
これ確か絶版になっていて、古本も結構な高値がついているから、もう読めないかな~って半分諦めていただけに、すごーく嬉しい!
早速、今から読もう♪

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/23 Sun 00:29 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
愛を約束された町Ⅰ「ゴーストタウンの薔薇」「幸運を呼ぶキス」 
愛を約束された町〈1〉愛を約束された町〈1〉
デビー マッコーマー Debbie Macomber 伊坂 奈々

ハーレクイン 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


デビー・マッコーマーの「愛を約束された町」シリーズの再販。
彼女の作品、何気に好きなのよね~。
お勧めされていた「すばらしい時」がとっても良かったので、それ以来ちょこちょこと集めています。
田舎町「プロミス」に住む男女の恋模様とファミリードラマが、幻のゴーストタウン「ビター・エンド」の伝説と絡めて描かれていきます。

「ゴーストタウンの薔薇」
サヴァンナの芯の強さ、優しさ、希望を忘れない強い気持ち、そういったものが清清しい。誠実なだけに、男のプライドにとらわれたラレードを深く愛する姿には優しいだけじゃない静かな激しさがあって、素敵な女性だなーっと思える。その後に登場する個性豊かな人々も、それぞれイロイロとやらかしてくれて、楽しい。

「幸運を呼ぶキス」
友人だと思っていたのに、ふとしたきっかけでお互いを意識して・・・ってシチュエイション、結構好きなんだなー!とにかくグレンがお馬鹿な男らしさを発揮して、おかしいったら(笑)わけのわからんプロポーズとか、いかにも、なんだけどそこがまた可愛いんだな。エリーとのキスシーンは、激しすぎないのになんだがすごく情熱的で素敵なシーンですよ。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/22 Sat 11:02 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
「宝さがしの夜」 
宝さがしの夜宝さがしの夜
ジェイン・A. クレンツ 真田 都

ハーレクイン 1991-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クレンツのロマンス・メーカー3部作の2作目。
1作目は、オリジナルで読んでいたので、こっちは再販を購入。
クレンツらしいテンポの良い会話が続くけど、そうねー、これまたインパクトの薄い作品かも。
しかし、ヒーロー:ギデオン(どうでもいいけど、クレンツはギデオンって名前のヒーローがずいぶん好きなのね、覚えているだけで3人いるような・・・)の飼っている猫2匹には、猫好き魂を刺激されたな~。
ギデオン、40歳の男盛りで、なかなか格好いいんだけどね。
出会ったばかりのサラに、運命的な予感を指摘されてドギマギするところとか、何気に可愛くてね。
サラも、コケティッシュでギデオンを振り回して愛らしい。
ギデオンがサラのために秘宝をこっそり箱に入れようとして、それを見つけたサラに「私のことを頭のてっぺんからつま先まで愛しているからでしょう?」といわれるシーン、これはなかなか素敵だな~♪って思いました。
次月には3作目も再販されるらしいので、一応こっちも買ってみようかな・・・(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/19 Wed 21:40 】 | K | comment(0) | trackback(0) |
「秘密の夢」 
秘密の夢秘密の夢
シャロン・サラ 山田 沙羅

ハーレクイン 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プライベート・ベンジャミンプライベート・ベンジャミン
ゴールディ・ホーン アーマンド・アサンテ アイリーン・ブレナン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-04-21
売り上げランキング : 16,645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ううう、ちょっと苦手なパラノーマル系だな~。
シャロン・サラ、未だに私的にヒット作に恵まれず、今回は期待していたんだけど・・・なんというか、薄いコーヒーのような感じ(笑)とでも申しましょうか・・・
メインテーマが何なのか、最後までぼんやりしている感じというか。
例えば、ヒーローが頑なな殻を破ってもう一度人を愛するとか、ヒロインが辛い過去と決別して愛する勇気を持つ、とか。確かに、ジェシカとストーンは一度は別れた関係を修復して結婚を決意するんだけど、最初の辛い別れの原因が「刑事と生活できなかった元妻のせいで永遠の愛を誓えなくなった」というのは、すこーし説得力に欠ける気がするのは私だけ?
ジェシカがゴールディ・ホーン&メグ・ライアン似っていう設定は、思わずふふふっ♪となったけどね。
ゴールディ・ホーン、かの有名なコメディエンヌ、「プライベート・ベンジャミン」は一見の価値あり。
(って、何の宣伝だか(^-^;)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/18 Tue 19:59 】 | S | comment(0) | trackback(0) |
「甘く危険な島」 
甘く危険な島甘く危険な島
ジェイン・A. クレンツ Jayne Ann Krentz 霜月 桂

ハーレクイン 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


20年以上前にステファニー・ジェイムズ名義で刊行した作品を、新訳完全版で復活、なんだって。
南の島で、どこか危険な男と出会う、負けん気が強く正直で純粋なヒロイン、という、クレンツお得意のパターン。
読んだことあるだけでも、「ラブ・アイランド」「夢に見た海賊」「運命のいたずら」「哀しみのサブリナ」・・・と、たくさんあるぞー。
今回は、ヒーロー:ジェイスのメロメロ尽くしモードが後半極まっていました(笑)
目に涙まで浮べて・・・前半の強引&セクシーな彼はどこへ?!なんだけど、ここまで尽くしてくれたら、もう許すわ!
エイミーを追って、サンフランシスコへ来たものの、場にそぐわない雰囲気でちょっとオドオドする辺りが、微妙に可愛くて母性本能を刺激するかも知れないね~。
ジェイス以外でも、「全く男って・・・!」という輩が数人いて、それが結構笑わせてくれるんだよね。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/16 Sun 18:45 】 | K | comment(0) | trackback(0) |
「秘めやかな報復」 
秘めやかな報復秘めやかな報復
アン スチュアート Anne Stuart 細郷 妙子

ハーレクイン 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うほっ♪とーっても好みな作品、一気読みしちゃったわー。
イメージは、すごく暗いんだけどね、モノトーンというよりジム・ジャームッシュの映画のような感じ?
過去&現在のエピソードも、結構救いが無く痛々しいんだけど、そこから少しずつ再生していこうとする男女の姿が、リアルで切なくて時にユーモラスで、そのサジ加減が絶妙。
かつての不良少年(HQなんかのちょっと悪ぶった少年でなく、ほんまに危険なのよ(笑))ディロンが、禁酒のために教会へ通ったり紅茶をすすりながらポーカーする姿は、なんだか奇妙に胸がじーんとなるんだな・・・いい男です、文句なく!あり得ないようなマッチョじゃなく、細身でしなやかなのも、いい。
一方ヒロインのジェニー、こっちも負けずにいい感じ。ディロンがこっそり持っていた少女時代の自分の服を着て、半分やけっぱちで(!)ディロンの寝室へ行くところなんて、「ゴー!ゴー!!」って思わず声援したくなる。
アン・スチュアート、「愛はワイルドに」ってLS作品しか読んだことなかったんだけど、これがとーってもいい感じでね。すごく不思議な読後感がある。最後にエピソードとしてハッピーエンド後のヒロインとヒーローの喧嘩のシーンがあるんだけど、そのエピソードがあるために単なるハッピーエンドがすごく現実味を帯びて深く印象に残るようになっているのよね。で、「秘めやかな報復」も、ラストが・・・!なんだかもう、大人の純情を見せつけられて、ほ~~っ♪とするのでした(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/16 Sun 00:40 】 | S | comment(0) | trackback(0) |
「雨の日の二人」 
雨の日の二人雨の日の二人
バーバラ デリンスキー 吉本 ミキ

ハーレクイン 1991-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バーバラ・デリンスキー、お初です。
テンプの割には(笑)きっちり感情も描かれているし、ヒーローのカーターが涙するところなんて、すごくいいなー。
カーターと幼馴染で、ずっと意地悪されてきたことや離婚を経験して自分に自信が無いジェシカ。なかなかカーターの気持ちに応えることができず、カーターが自分のとった行動で深く傷つきながら誇りを失わない姿に、ようやく自分の本当の気持ちを正面から認めることができるラスト、切なくて暖かくてなかなか良かったですよ。
デートでずぶぬれになったジェシカを、優しくいたわるカーターがどこまでも愛情溢れていて、素敵だわ~♪確か、40歳?大人の男だねーー!?

注文していたMIRA文庫の2冊が到着。
クレンツの「甘く危険な島」と、アン・スチュアートの「秘めやかな報復」、どっちからいこうかな?

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/14 Fri 21:27 】 | D | comment(0) | trackback(0) |
「ガラスのかけらたち」 
ガラスのかけらたちガラスのかけらたち
ジェイン・アン クレンツ Jayne Ann Krentz 中西 和美

二見書房 2004-11
売り上げランキング : 81,183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久しぶりに、クレンツ名義の作品を読む。
ちょっと前まで、ステファニー・ジェイムズ名義を立て続けに読んでいたので、久しぶりの「クレンツ節」に違った心地よさを感じる~♪
訳者の方の力も大いに影響していると思うけど、はしゃぎすぎない軽妙なテンポと「くすっ」とするユーモラスな会話が、いいんだな・・・
お互い全くタイプじゃないと初対面から反発しながら、気持ちの奥では奇妙に惹き付けられる2人・・・って、まあ、ありふれた設定かもしれないけど、そこをグイっと引き込む不思議な力が、クレンツの作品にはあると思うんだけど。
ヒーローのサイラス、常にアロハシャツを着ている男・・・ぷぷぷ。
いいわー、かなり好みです。広い肩も、逆三角形の胸毛も、素敵。
でもね、ヒロインのユージニアが、更にいい女なのよね。
決してサイラスに負かされず、それでいてどこか可愛らしく、美人じゃなくても洗練された雰囲気が漂っていてね。
クレンツ作品でベスト・ヒーローと言うと、私にとっては「曇り時々ラテ」のスターク!!オタクっぷりと言い、下半身暴走気味と言い、ツボなんだな(苦笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/13 Thu 23:03 】 | K | comment(0) | trackback(0) |
電子辞書を買っちゃった! 
ずいぶん悩んでいた電子辞書、やっぱり買ってしまいました(^-^;
今日はちょっとお休みを取っていたので、早速辞書片手にシャノン・マッケナ「影の中の恋人」の原書をひっぱりだしてきました。
ふーーん、なるほど~~!って思うこともアレコレ、やっぱり買って大正解だった♪
未訳の原書も何作かあるので、そっちを先に読もうかなと思ったり、マクラウド・ブラザーズの次作をゲットしてしまおうかな・・・とか、嬉しい悩みでにやにやしています・・・(爆)

というわけど、ちょっと読書ペースはゆったりめだけど、今はジェイン・アン・クレンツの未読だった「ガラスのかけらたち」を読んでいます。
騒がしすぎない感じが、いかにもクレンツらしくていい感じです。

更新:「books」スーザン・ブロックマン、リンダ・ハワード、マーゴ・マグワイア、カレン・マリー・モーニング、トーリ・フィリップス、キャレン・T・ウィッテンバーグ、ゲイル・ウィルソン
【2006/04/11 Tue 19:55 】 | 読書あれこれ | comment(2) | trackback(0) |
「沈黙の騎士」 
沈黙の騎士沈黙の騎士
トーリ フィリップス Tori Phillips 古沢 絵里

ハーレクイン 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒストリカルが続きます。
キャヴェンディッシュ家の物語の第1弾、婚約者の下へフランスの若き貴婦人を連れていくことになった、美貌の修道士見習いガイのお話。
ガイは、妙齢の女性と同行ということで「沈黙の誓い」をたてているため、ほとんど最後までヒロイン:セレストとは口をきかないの。
これがね~~、やっている本人はもちろんだろうけど(笑)読んでいるこっちもものすごいストレスなの!!
いちいち石板に文字を書いて意思の疎通を図るという・・・ああ、イライラする!これがいいほうに影響してドキドキ具合をアップしてくれたら良かったんだけどね~。
そして、セレストが最後まであんまり好きになれなかったのも、敗因かも・・・。ロバから落ちて溝にはまり、お尻が丸見えになったガイを思いっきり笑うという、かなりのヤンチャ&お転婆なんだけど、これもまたいいほうに転んでくれず(苦笑)
この場合の私的ツボな反応は
①ちょっと動揺しつつ冷静に対応し、物影で激しく赤面する。
②お尻に目が釘付けになり、周りから冷やかされて赤面する。
③「なんてキュートなの」とか言って知ったかぶりして、内心で赤面する。
とにかく、ちょっとは「赤面する」ってのが重要?!
ということで、最後までなかなか読み通すのが苦しい1冊でした(^-^;

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/11 Tue 11:03 】 | P | comment(0) | trackback(0) |
「ハイランドの霧に抱かれて」 
ハイランドの霧に抱かれてハイランドの霧に抱かれて
カレン・マリー モニング Karen Marie Moning 上条 ひろみ

ソニーマガジンズ 2005-07
売り上げランキング : 6,335

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイムトラベルもの、初めてでちょっとドキドキだったし、その上妖精なんかも登場してファンタジーな要素もありってことで、「うーーん、入り込めるかな?」と心配してたんだけど・・・
ぜんっぜんオッケー!!一気に読んじゃいましたよ♪
美男子にだまされて絶望している現代のシアトルに住むエイドリアンと、妖精の王さえも嫉妬する美しく気高い戦士の伯爵ホーク。
妖精の王と「鍛冶屋」(妖精)アダム・ブラックによってホークの新妻となるために16世紀のスコットランドへ時空へ超えてきたエイドリアン、肝が据わっているんだな~!
驚愕しながらも、自分のとるべき行動をちゃんとわきまえていて機転もきくし口もたつ?!
そんなエイドリアンに、一目で魅了されるホークのメロメロ&悶々ぶりが、一番の醍醐味かも・・・(笑)
ホークも、その時代の男性らしくかなり傲慢なんだけど、素直に自分の欲望を伝えてエイドリアンを求めるから、読んでてこっちが恥ずかしくなっちゃうくらいストレートでよろしい♪
妖精のアダム・ブラックが、そんな2人の仲をことごとく邪魔するあたり、ハラハラしつつ結構最後まであきさせずに持っていきます。
最後の対決シーンも、すごくおもしろくて、私は好きだな~こういう作品。ホークの母のほんわかとしたロマンスもありで、いい感じです。
ホークの親友、「星に願いをかける男」グリムも、すごく私好みなんだけど(恋したことが無いなんて、可愛いじゃないか!)思った通り次作のヒーローだってことじゃありませんか。早く読みたい~~!原書買っちゃおうかな(笑)

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/09 Sun 21:07 】 | M | comment(2) | trackback(0) |
「消された一夜」 
消された一夜―孤高の鷲〈6〉消された一夜―孤高の鷲〈6〉
ゲイル ウィルソン Gayle Wilson 中野 恵

ハーレクイン 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


孤高の鷲シリーズも第6作目、今回は記憶喪失ものですね。
任務中に一夜だけ激しく愛し合った後、毒ガス兵器と共に消息を絶って3年がたつかつてのパートナーが、記憶喪失の別人として突然姿を現したと知ったCIAのペイジ。自分を見ても記憶が蘇ることもなく、愛し合ったことも、その意味もわからないまま、3年前の事件に巻き込まれていくというスリリングな設定。
終盤まで、2人のロマンスはかなり抑制されて綴られていて、ペイジの気持ちを中心に細かく描写されている感じかな。
ペイジに惹かれながら自分の過去を取り戻せずに煩悶するジョシュア、すごく抑制が効いていてクールでいい男ですよ。
うーーん、でも、話としては割りと平凡だったかも・・・
やっぱり記憶喪失ものって、ちょっと苦手かな~。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/09 Sun 20:54 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
「聖なる刻印」 
聖なる刻印―テンプル兄弟の旅〈1〉聖なる刻印―テンプル兄弟の旅〈1〉
マーゴ マグワイア Margo Maguire 古沢 絵里

ハーレクイン 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


インディ・ジョーンズのように時には冒険に出会う考古学者のジャックは、自分を罠にはめた男を締め上げようとロンドンの男の家に向かうが、そこにいたのは父親とはほとんど面識の無い娘のドロシー。
勝手に父親を隠していると誤解したジャックに引っ張りまわされるは、家に忍び込まれて入浴シーンを見られるは・・・
ドロシー、いきなり災難続きで笑えます。
仇敵の娘だから、絶対好意なんて感じちゃいけない!と思いつつ、あっという間にドロシーにメロメロなジャック(笑)
なーんも知らないドロシーに触れたくてたまらず、自制心をありったけ総動員するも、気持ちはますますエスカレート!
とにかく、ジャックの悶々ぶりがかなりおかしいです~。
背景は「聖顔布(マンディリオン)」の捜索で、それにドロシーの語学力が関係してくるので2人は探索の旅に出るんだけど、そのあたりの謎解きは正直あんまりおもしろくない感じなので、かなりの飛ばし読みかな~。ハラハラする設定も、今までの作品のように人間模様を描いてくれたほうがずっと身近に感じられた気がする。
アメリカ人のジャックが、ストレートにドロシーに欲望をぶつけつつ、自分の気持ちにとまどってこれまた真正面から煩悶する様子が、しつこくない感じで微笑ましいかな。

ともあれ、大好きなマーゴ・マグワイアの作品の中では、可もなく不可もなくって感じですね~。

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/07 Fri 19:43 】 | M | comment(0) | trackback(0) |
「危険なマスカレード」 
危険なマスカレード危険なマスカレード
キャレン・T.ウィッテンバーグ 竜崎 瑞穂

ハーレクイン 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この作品のタイトル・・・なんで??全く内容と程遠い感じ・・・
タイトルだけならHQでよくあることだけど(笑)これに関しては紹介文もかなりおかしいです!
「ひと晩でいい。彼の妻になってみたい。」って、そんなこと作中では全く言ってません、ヒロインは!
なんだか、ありがちな契約結婚もののようなはすっぱな感じが漂っているけど、内容はぜーんぜん違うんですよ~。
ブラッドはゾーイの亡くなった夫の親友で、2人の娘の名付け親。友人が亡くなって5年もの間、親子を時に慈しみ時にうっとうしがられながら(笑)見守ってきたわけです。
ブラッドとゾーイの心の葛藤が、すごーく細やかに描写されていて、しかもセクシーさを押さえつつハラハラするように上手にストーリーが展開していくところが、本当に上手いな~って思う。ブラッドが、女性としてコラムをこっそり書き、元プロフットボールプレイヤーなのに本当は家事もガーデニングも大好きな感受性の強い男性だということで、自分自身と周囲に対して激しく思い悩むところも、すごく自然で胸に響くものがあります。
ベッドまでの長い距離を、全く飽きさせないで導いているし、お互いが理解しあう気持ちになる過程も納得できて、すごく暖かい気持ちになれるんだなー。
気持ちが高まって、ゾーイと目があっただけで膝がくずおれそうになるブラッド、大人の男の純情を感じちゃうわ。
こんな風に穏やかでいじらしい作品、素敵だと思います♪

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/03 Mon 22:35 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
「夜は永遠に」 
最後の最後のエピローグで、一気に★1つ分評価をあげたわ、この作品!( ̄m ̄* )
無実の罪で投獄されて、護送車が事故にあったため逃亡してかつて偽証で自分を陥れた男に会いに行くドリュー。
男はすでに死亡していて、偶発的に妻のマギーに撃たれた彼は、マギーの家にかくまわれることになる・・・
ドリュー、怪我して動けないからか、ともかく際立ったイメージが沸かないキャラなんだよね~。ただ「怪我して痛がるかわいそうなヒーロー」になっていたのに、終盤いきなり大活躍!?
ま、怪我が癒えてきたらそこはそれ元CIAだから(笑)
ともかく、最後のエピローグのマギーの細かな心理描写と、ドリューの誠実さがとっても素敵です。
そして、よーやくマギーと愛し合えたドリューが必死で辛抱するあたりが、ものすごく可愛いくて良かったざます。マギーに主導権を握られて、なんとかがんばるところが・・・いい感じ♪
終わりよければ全てよし?

3作連続読破、と思っていたけど、4/5刊の作品が届いたので、ちょっと目先を変えてみようかな~。

夜は永遠に―孤高の鷲夜は永遠に―孤高の鷲
ゲイル ウィルソン Gayle Wilson 仁嶋 いずる

ハーレクイン 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


更新:HQ & Romance Ring への登録完了

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/02 Sun 21:02 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
「暗闇のレディ」 
ゲイル・ウィルソンの「孤高の鷲」の第2シリーズ3部作の1作目。
昨年から読もうと思っていて暖めっぱなしだったのをようやく・・・
しっかりした語り口で、決して軽妙ではないのに、すんなりとストーリーに入っていける感じでゆったりとした気持ちでページを繰ることができるのが、彼女の作品の特徴かも。
ウイットに富んで感嘆符や擬態語の多い文体は、自分のフィーリングに合わないと逆に気になっちゃうと思うけど、そういったことが無く、ヒーロー&ヒロインの心情を丁寧に書き込んでいて納得させられる。
脚の悪いバレリーと、ボディガードを引き受けることになったグレイの、最初は反発しながらも心の奥でどうしようもなく惹かれる様子が、切なくて・・・
お互い、意地をはらずに気持ちの中では自分に正直になっているのに、大人の分別やこだわりから素直に気持ちを表せずにいる2人。
しつこすぎない意地の張り合いが、なんともいい感じなんだな~。
グレイに初めてキスされて激しく応えた後に鏡を見て別人のような自分にじっと見入るバレリーの、大人の女性と少女がせめぎ合うような官能的な表情が素敵♪
グレイも、抑制がきいていながら、やる時はやる(笑)すばやさが、セクシーで格好良かった。



更新:「books」チェリー・アデア

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/01 Sat 20:17 】 | W | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |